ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Musikantenknochen

IMG_2434

【今週のドイツ語】Musikantenknochen

Musikantenknochen

ムジカンテンクノッヘン

 

Musikanten は音楽家(複数形)

Knochen は骨

なので直訳は「音楽家の骨」です。

 

これ、誰でも一度は経験したことがあるであろう、あの現象にまつわる体の部位の名称なのですが・・・日本語で何と言うんだろう?

肘の先端をどこかにぶつけた時、ビーーーーーン!または、ジーーーーーン!と腕がしびれますよね。肘をぶつけただけなのに、まるで電流が走ったように指先までがしびれてしまいます。

あの、ぶつけると腕がしびれてしまう肘の先端の部分のことを、ドイツ語で Musikantenknochen と言います。

なぜあんなにもしびれてしまうのか・・・「音楽家の骨」とは言うものの、その原因は実は骨にあるわけではないそうです。あの場所は、ちょうど肌の表面のすぐ下の浅いところに神経が通っているそうで、そのためそう強くない刺激でもあのように腕がしびれてしまうんだとか。

ではなぜドイツ語では「音楽家の」骨というのでしょうか。これには説が色々とあるようですが、おそらく手や指先にまで響くように感じるあの特徴的なしびれ(振動)から来るのではないか、とのことです。

(ちなみに肘は Ellbogen(エルボーゲン)と言います。)

 

©ドイツ大使館
これまでに紹介した今週のドイツ語が本になりました。
見るだけで楽しく学べる「暮らし」と「文化」 ドイツのことば図鑑 というタイトルで、これまで3年以上に渡ってこのサイトで連載をしてきたものを、大幅に加筆修正し、さらに詳しくわかりやすく、そして面白く、例文や関連用語なども載せて紹介しています。
画像をクリック、または「ドイツのことば図鑑」で検索してみてね!

81d+l2u9W0L

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ