ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

#Category : 日独ハーフの視点

ドイツで育ったせいか、大人になって日本に来てからも常に「ドイツでは・・・ドイツでは・・・」を連発してしまう私。でも、このサイトではそんな「出羽の守」を堂々とやっていきたいと思います(笑)ドイツでの日常生活、日本での日常生活を体験した中での葛藤や喜び、発見したこと、感じたことを書いていきますので、皆様にお付き合いいただけると嬉しいです。皆様どうぞよろしくお願い致します。

2023.02.08「ゴミ」にまつわる意識 ドイツと日本の違い

日本で「ドイツのイメージ」というと、「ゴミに関する意識が高い」というものがあります。   確かにドイツではゴミを細かくリサイクルしています。たとえば、ガラスの瓶も「茶色の瓶」「緑色の瓶」「透…

2023.01.11年齢にまつわる自虐

皆様明けましておめでとうございます。   今年は調子にのって、こんなものを作ってしまいました。     はい、今年2023年、私は「年女」なのです!   ですか…

2022.12.14日独ハーフの住職である岩山レオさんの「ハーフあるある」

早いものでもう12月。今年もあと少しですね。   一年の締めくくりとして、皆さんに「ハーフあるある」をお届けしたいと思います。 右から・・・ 日本×ドイツのハーフで住職の岩山レオさん 日本×…

2022.11.09ドイツ語の「話し言葉」

長く日本に住んでいるので、いまドイツで使われているスラングというかUmgangsspracheというか「話し言葉」に疎かったりする私です。   Umgangsspracheは「俗言」「俗語」…

2022.10.12Das Leben ist zu kurz für späterというドイツの「生き方」本を読了

最近、移動中はよく本を読んでいます。先日、遠出した時は新幹線でこの本を読みました。   Das Leben ist zu kurz für später Stell dir vor, du …

2022.09.14人間関係にも文化が出る?

先日、日本に長く住むハンガリー出身の女友達Nと一緒に日帰り温泉に行ってきました。温泉は・・・やっぱりリラックスしますね。   リラックス効果のせいか、温泉からあがった後のお食事処では会話が弾…

2022.08.10「しゅっぱああつしんこうー!(出発進行!)」

ニッポンの電車に乗っていると、   車掌さんが、それはそれは大きな声で   「出発進行!」   と叫んでいるのを聞くことがあります。とっても「通る」声、というか、大きい声…

2022.07.13ドイツ&ドイツの企業文化について書かれた本「なぜ日本社会では女性が輝けないのか」(文芸社、著者:大島愼子)

大島 愼子(おおしまちかこ)さんが書いた「なぜ日本社会では女性が輝けないのか」(文芸社)をご紹介します。     著者は長年ルフトハンザに勤務していましたが、本を読んでビックリした…

2022.06.086月16日発売「ほんとうの多様性についての話をしよう」(旬報社)

中学生と高校生向けの「多様性」に関する本を書きました。「ほんとうの多様性についての話をしよう」というタイトルです。もちろん大人の方にもお読みいただけます!     一章では「人間は…

2022.05.11社会情勢に関するドイツの風刺

最近Jan Kunzさんの風刺画が好きで、仕事の合間などに見ては笑っています。   以下は、ドイツでマスクの着用義務がなくなったことを受けての風刺画。     朝、会社に…