ドイツの消費税 – Young Germany Japan

Blog: ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ
ドイツの消費税

ⒸGerman Embassy Tokyo
ⒸGerman Embassy Tokyo

ベルリンのハインリッヒが買い物のレシートを送ってくれたよ♪
たっくさん買い物したみたいだニャ!=^_^=

レシートをよ~く見ると、値段の隣に「A」と「B」のアルファベットが印字されてるけどこれって何?

このことについてハインリッヒが手紙で丁寧に説明してくれたんだ。

ドイツでは消費税にあたるMehrwertsteuer(メーヴェルシュトイヤー、付加価値税)に軽減税という制度があって、日常生活にいちばん大事な食料品(パン、牛乳など)や本などは通常の税率(19%)より低い税率(7%)になってるんだって。
それでレシートに税率別に19%の「A」と7%の「B」と表示しているんだ。


また、同じ食事でも店内で食べると通常の税率で、テイクアウトすると低い税率になるんだって。ちょっと複雑ですニャ=^_^;=
でも、ファーストフードのお店では税率が分かれていても実際の値段は一緒。
どうやらテイクアウト用で買って店内で食べるケースがあったりして混乱するからみたい・・・
ハインリッヒもビックリしたって手紙に書いてるニャ♪=^_^=

ちなみにハインリッヒが買い物をした「REWE(レーヴェ)」はドイツでとても有名なスーパーマーケット。
ケルンが本拠地でドイツに3300の店があって、他にもグループでオーストリアなどの近隣諸国にお店を展開しているんだ。
「REWE」は地元ケルンのサッカークラブ、1.FCケルンのスポンサーでもあるんだ。
ユニフォームに「REWE」の名前がありますニャ♪=^_^=

(23. Januar 2015)


「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

タグ:

Facebookでシェアする  Twitterでシェアする