ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

無事アーティストvisaを更新!そしてまたお引越しをしました◎

無事アーティストvisaを更新!そしてまたお引越しをしました◎


こんにちは、ベルリン在住のイラストレーター・KiKiです。暑い毎日が続いておりますが、みなさん体調は大丈夫でしょうか?くれぐれも、お体に気をつけてお過ごしください。




さて個人的なご報告になりますが、8月はじめに無事アーティストvisaを更新して頂くことができまして、まだ当分ベルリンに住めることとなりました!応援してくださった皆さま、助けてくださった皆さま本当にありがとうございました。




わたしは2016年の夏にベルリンにたどり着きまして、5回目の夏を迎えました。2年前アーティストvisaに切り替えまして、今年の夏に更新を控え、ビクビクしておりました…が、無事更新ができてホッとしております。




また人生のチャンスを与えてくださった、ドイツに本当に感謝です。この機会を無駄にせず、これからも夢に向かって進んでいこうと思います。どうぞよろしくお願い致します!




※ドイツに来て4年目、諦めずに続けた結果やっと叶った夢のお話は、こちら↓




【SZ familieのイラストを描きました!】ドイツに来て、4年。遂に夢が叶いました ! !




アーティストvisaの申請方法についてですが、以下の外人局のページに詳しく記載されているので、もし興味のある方はそちらをチェックしてみてください。(フリーランスvisaと基本準備物は一緒ですが、仕事内容がアート関係だとアーティストvisaとして発行されます)色々準備する書類はたくさんありますが、1つ1つクリアしていけば複雑なものではありませんし、特に高額な費用等もかかりません。アート関係のお仕事で、ベルリンに滞在したいと考えている方にはとても魅力的なvisaだと思います。頑張ってください!




▶︎https://service.berlin.de/dienstleistung/328332/




※visaの申請方法についてですが、人それぞれ状況が違ってくると思いますし、各自で外人局にお問い合わせ頂くようお願い致します。私もよくベルリンの外人局のスタッフさんにメールで問い合わせをしますが、いつも丁寧にご返信をくださいますし、それが1番正確な情報だと思います。私にお問い合わせ頂いても回答できませんのでご了承ください。




そして前々回、創造的なアーティストが住むフリーデナウ地区に引越してという記事を書きました。




3月から引っ越したベルリンのフリーデナウ地区について書いていきます!というお話をしていましたが、なんとその1ヶ月後に引っ越すことに。苦笑




ベルリンはドイツの首都ですが、国際都市なので英語が通じること、ヨーロッパの他の国々に比べて物価が安いこと、アートなどの興味深いイベントが盛んなど、たくさんの魅力が詰まった街なので、世界中から住みたい!という人たちが常に集まってきています。




その住みたい!という人たちに対して、圧倒的にアパートの数が足りていないのです。なので常に部屋探しは困難。そしてお部屋の探し方も日本と全然違い、これも出会い、巡り会い、運と偶然と必然の連続なのです。(そのお話は長くなるので割愛させてください。。)




ベルリンに来て5年目を迎えましたが、引っ越しはかれこれもう6回目です。いろいろあり、フリーデナウ地区に引っ越しましたが、その後またいろいろあり引っ越すことになったのです。その予測不可能な生活の連続が、まさに”ベルリンで暮らすということ”




今はシューネヴァイデ地区というベルリン郊外に住んでいます。ベルリン中心部まで行くのに電車で約45分かかります苦笑。地図を描くと、ここになります。








ちなみにシューネヴァイデはドイツ語で"Schöneweide"とかき、直訳で”美しい牧草地”という意味です。名前も美しくて、気に入っています◎




通りかかった近所で見つけた、大自然のアート



その名の通り自然豊かで、住んでいる人たちも穏やかで優しい人たちばかり。




同じく散歩中に通りかかった場所で見つけた、大自然の魔法陣



もともと生まれ育った環境が自然豊かな田舎なので、どちらかというと都会的おしゃれな中心地よりも自然豊かな郊外の方が落ち着くし、向いているなと感じているこの頃です。コロナの影響もあって、ますます中心地に行きたい欲よりも、自然と共に暮らしたい欲が高まっています。




近所の公園で出会った、テントウ虫



ちなみに今まで住んだ地区は、




フリードリヒスハイン・ライニッケンドルフ・ウェディング・プレンツラウアーベルク・フリーデナウです。同じベルリンという街なのに、街や住んでいる人たちの様子が全然違います。ベルリンにこられた際は、ぜひいろんな地区に足を運んでみてくださいね。




そしてシューネヴァイデに引っ越して約2ヶ月がたちました。visa更新の時期も重なりバタバタしておりましたが、お部屋もだいたい片付いていまして、お仕事スペースもこのような形で整って来ました!








この場所で、また夢に向かって頑張っていこうと思います。イラストレーターとしての嬉しいご報告ができるように精進致します!




フリーデナウ地区から引っ越してしまったので、前々回予告した”フリーデナウ地区に住んでいたアーティストたちの軌跡をご紹介するシリーズ”はできなくなってしまいましたが、シューネヴァイデ地区もなかなか面白いところがたくさんあります。




次回からは、シューネヴァイデ地区のご紹介をしていきたいと思います!(今度こそ、ゆっくり長く住めそうです!)楽しみにして頂けたら嬉しいです◎




KiKi

イラストレーター/コラムニスト

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio / instagram / Youtube

KiKi