ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Der Teufel ist ein Eichhörnchen

【今週のドイツ語】Der Teufel ist ein Eichhörnchen

 

今週末は節分。

お家で豆まきしますか?鬼の役はやっぱりお父さんなのでしょうか(涙)

そこで今日は、鬼にちなんだドイツ語の言い回しをご紹介します。

 

Der Teufel ist ein Eichhörnchen

デア・トイフェル・イスト・アイン・アイヒヘルンヒェン

 

Teufel トイフェルが鬼、Eichhörnchenアイヒヘルンヒェンはリスのことです。

「鬼はリスだ!」…???

どういうことでしょう?鬼がかわいいリスなんて、ちょっとピンと来ませんが。

 

これは、「不幸は、ほんの小さな、無害と思われるようなところに潜んでいる」

「どんなに準備万端でも、油断は禁物」という時に使われる言い方なんです。

日本で言うなら「思わぬところに落とし穴が」といったところでしょうか。

 

かわいいリスですが、中世ヨーロッパでは、

毛が赤っぽいことや、すばしっこいところから、

悪魔を連想させる動物とみられていたそうです。

そんなところからも、こんな表現が生まれたのかもしれませんね。

 

というわけでリスは外(?)…福は内!

良い週末をお過ごしください。

 

©ドイツ大使館   今週のドイツ語

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ