ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】für jemanden durchs Feuer gehen

IMG_0376

【今週のドイツ語】für jemanden durchs Feuer gehen

もうすぐバレンタインデーですね。大事な人のために何かしてあげる予定はありますか?

日本では女性から男性に愛の告白をしたり、プレゼントを渡したりしますが、ドイツも含めヨーロッパでは、女性から男性に限らず、大切な人に花を送ったり、「大切に思っているよ」という気持ちの確認をしたりする日なんです。

 

そこで今日は、誰かのためなら何でもやる!という強い愛情を示すドイツ語表現を…。

 

für jemanden durchs Feuer gehen

フュア・イェ−マンデン・ドゥルヒス・フォイヤー・ゲーエン

 

Feuer は「火」で、 durchs Feuer gehen 「火の中を通り抜ける」ことです。

für jemanden は「誰かのために」。誰かのためなら火の中へでも入っていくぞ」ということは、どんな困難なことでも、誰かのためにならやってあげる、という気持ちを例える言い方なんです。

日本語なら、たとえ火の中、水の中という言い方が近いですね。

 

このfür jemandenの部分に、誰のためなのかをいろいろ入れることができます。

 

「君のため」ならfür dich

「彼女のため」ならfür sie

「私の子供のため」ならfür mein Kind

そして、Für mein Kind würde ich durchs Feuer gehen! 

「子供のためならたとえ火の中へでも!」「この子のためならどんなことでもする!」というような使い方をします。

ここでwürde というのは、ちょっと難しくなりますが、現実には起こらないけどそのくらい本気だよ!ということを表しています。
 
あなたは、誰のためなら「たとえ火の中へでも」飛び込んで行けますか?

いえ、あくまでも例えですから…本当に入って行かないで下さいね。

 

 

©ドイツ大使館   今週のドイツ語

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館

大使館スタッフ