ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】sich freuen wie ein Schneekönig

【今週のドイツ語】sich freuen wie ein Schneekönig

クリスマスが近づき、少し寒さが増して来ましたね

今年、ホワイトクリスマスが期待できるかどうかはわかりませんが、

今週は雪にちなんだ言い回しを一つご紹介します。

 

sich freuen wie ein Schneekönig

ズィッヒ  フロイエン ヴィー  アイン シュネーケーニヒ

 

シュネーは雪、ケーニヒは王。なので

シュネーケーニヒは雪の王様。

そのまま訳すと

 

『雪の王のように喜ぶ』

その意味は『大喜びする』となります。

 

でも、雪の王様って?

 

この言い回しの由来については2つの説明があります。

一つには、17世紀の30年戦争でスウェーデンを率いた国王グスタフ2世アドルフのあだ名が「雪の王」だったことから。スウェーデンの快進撃に大喜びしている様子が連想されたのでしょうか。

もう一つは、シュネーケーニヒと呼ばれる小鳥から。日本名はミソサザイといい、小さな体で力いっぱい鳴き声を響かせる様子が、大喜びしているように聞こえるからというもの。渡りをせず、真冬の雪の中でも澄んだ声でさえずるため、「雪の王」と呼ばれるようになったそうです。

 

©ドイツ大使館  今週のドイツ語

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ