ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Kleider machen Leute

【今週のドイツ語】Kleider machen Leute

11月29日は「いい服の日」でしたね。

そこで、今週は服に関することわざをご紹介します。

 

Kleider machen Leute

クライダー マッヘン ロイテ

 

直訳すると『服は人をつくる』となります。

 

どんな服を着るかによってその人の価値が決まってしまう、

あるいは人は服装で相手を評価するという意味や、

きちんとした格好をしていれば

まわりからもきちんと扱ってもらえる、という意味があります。

 

日本のことわざなら、『馬子にも衣装』がこれに近いものになりますね。

 

19世紀の作家、ゴットフリート・ケラーが書いたドイツ語の物語に、

このドイツのことわざがそのままタイトルになったものがあり、

日本語の翻訳には『馬子にも衣裳』いう題が付けられています。

貧しくて内気ながら身なりにはいつも気を使っている仕立て屋が、

その立派な服装からポーランドの貴族と間違えられるというお話。

素性がばれても結局は本物の愛をみつけ、富も手にするという結末なので、

まさに「服装が人をつくった」お話ですね。

 

「馬子にも衣装」ならいいのですが、ドラえもんのひみつ道具みたいに、

似合っていないのにおべっかばかり使われるのも困ります。

それだと「裸の王様」になってしまいますよね…

いえ、今日は「服の日」のお話のはずでしたね。

 

©ドイツ大使館  今週のドイツ語

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ