ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】noch grün hinter den Ohren sein

GrünhinterdenOhrensein

【今週のドイツ語】noch grün hinter den Ohren sein

今日はみどりの日 ですね!

繰り返しになりますが、大使館・総領事館にはゴールデンウィークはありませんので、

通常通り開館しています(TOT)

 

せっかくなので、みどりを使った表現を紹介します。

 

Noch grün hinter den Ohren sein

ノホ グリュン ヒンター デン オーレン ザイン

直訳では、耳の後ろがまだみどり

 

 

日本語の「青二才」と同じ意味で、まだ未熟な人に対して使います。

 

熟れきっていないフルーツの緑色や、

生まれたばかりの赤ちゃん👶の耳の後ろが緑色の羊水で濡れている様子から来ている、と言われています。

 

他にも耳の後ろがまだ湿っている」(noch feucht hinter den Ohren sein)

とか

卵の殻が耳の後ろについている」(noch die Eierschalen hinter den Ohren haben)

という表現方法もありますよ。

 

(卵から生まれるドイツ人。想像するとちょっと可愛いですね🐣)

 

 

©ドイツ大使館   今週のドイツ語

 

 

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館

大使館スタッフ