ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【オペア留学の魅力!】たっぷりドイツ文化を体験:大自然の中で、アイススケートに挑戦!!

2月メイン

【オペア留学の魅力!】たっぷりドイツ文化を体験:大自然の中で、アイススケートに挑戦!!

こんにちは、イラストレーターのKiKi(@kikiiiiiiy)です。

改めまして、日本でまだ全然知られていない『ドイツのオペア留学』について以下のような記事を書かせていただいています◎

 

この記事たちが、誰かが夢を叶えるための、何かのきっかけになりますように◎
点々長い

 

 

ヨーロッパは今、強烈な寒波に見舞われています。ここ連日気温はマイナス以下…!

 

IMG_0314

 

ベルリンで迎える冬は2回目なのですが、暖かい地域出身の私はなかなかこの寒さに慣れません。。常に湯たんぽを抱えています。苦笑 こんなに寒いと、ついつい引きこもりたくなるのですが、寒いからこそ楽しめるスポーツがあります。

それはアイススケート!ドイツ語で『Schlittschuhlaufen』と言いますよ◎

今回の【オペア留学の魅力】は、『ホストファミリーと一緒に行ったアイススケート』について書きたいと思います :)

 

 

大自然がつくった広大なアイススケートリンクを体験!!

C4ekBCxWEAADR7y

これは去年の写真なのですが、気温がマイナス以下になるからこそできる、『大自然のアイススケートリンク』を体験しました!!

今までこんな光景を見たことがなかったので、とても感動しました。

でも周りは警察の車が止まっていて、『Achtung ! Achtung ! 氷が割れる危険性があります、気をつけて〜…』的なアナウンスが定期的にされますが、それはみんなお構いなしにスケートを楽しむ、楽しむ。

ホストファミリーに聞くと、『それがベルリナーなんだ。』と。はい。笑

私は遠くてそこまでたどり着くことができなくてスマホの動画を見せてもらっただけなのですが、氷を円状にわざと切り、その上で半裸でギターを弾きながら歌っている強者もいたりします。本当に素晴らしいです。

みんなマイスケートシューズを持っていて、ソリも持っているんです。雪が降った日、ホストキッズと保育園に行くときにも、子供達はソリに乗って、それを引っ張っていくことも。

本当に寒いけれど、これを楽しみに頑張って外に出れちゃいます。

暖かい地域で生まれ育った私は冬にスケートをする習慣がなかったので全然滑れなかったのですが、この時は靴でゆっくり氷の上を歩いたのと、近所のパワフルなお母さんにソリに乗ったのを引っ張って頂いて楽しんだだけでした。

ですが…

 

今年はアイススケートに挑戦しています!!

 

DUPyie3X4AAdel2

ホストファミリーに誘われつつも、一緒に行っても滑れないので、子供達のお世話のお手伝いができないしなあと思い遠慮していたのですが、子供達の『一緒に来て!!』の勢いに圧倒されて行ったのが今年の1月。

1月はまだ、湖が凍っていなかったので近所にあるアイススケートリンクにみんなで行きました◎

 

DUoJvhXX0AATeLz

 

最初は、歩くのも精一杯で縁に捕まって、ぷるぷる。全く動けませんでした。苦笑 それでも、ホストファミリーのアドバイスに耳を傾け、子供達の声援もあり、徐々に徐々に進めるように。

初めての2時間で、縁に捕まって氷の上を歩けるようになりました…!

2回目のアイススケートでは、縁に捕まって歩くことは十分できるようになり、ちょっとだけ、捕まらなくても進めるように。

最後に、ホストパパとホストパパの弟さんに両サイド支えてもらいながら、短距離ですが滑ることができて、とても感動したのと、怖さから楽しさに変わり、スケートを楽しく思えるようになりました!!

 

 

アイススケートから、学んだこと◎

DUoJvhZWkAEeo5b

 

私は運動神経が悪い方で、勝手に『アイススケートなんて、きっと自分は練習しても滑れるようにならない』と決めつけていた部分がありました。

きっと他の人と比べたら、それは習得は遅いかもしれないけれど、今回少しできるようになって、とてもとても感動したんです。それはきっと、アイススケートだけじゃなくって、他の部分でも『自分はできない』と思い込んでいることでも、時間はかかっても実は訓練したらできるようになるのではと気づけた出来事でした。でも自分一人だけの練習ではできていなくって、ホストファミリーの支えがあったからこそで、支えてくれている周りの人たちに感謝しなくてはいけないということを改めて実感しました。

今はオペア留学を経て、ベルリンでイラストレーターとして挑戦をしているのですが、日々いろんな壁にぶち当たって、挫けそうになることも沢山です。

でもそんな時は、アイススケートでの出来事を思い出すようにしています。それで、大変なことはいっぱいあるけれど、きっと大丈夫だよと、胸に手を当てます。

そんな大切な経験になった、出来事でした。

今年はまだ、人が滑れるほど湖は凍っていないようです。また大自然のアイススケートリンクが出来上がったら、挑戦しに行きたいです : )

 

まとめ

2月

そんな感じで、今回はアイススケートのお話でした◎

ベルリンではインフルエンザが流行っているそうです…!皆さんも風邪にはお気をつけて、暖かくして過ごしてくださいね。

 

もしドイツのオペア留学について興味を持ってくださった方は、私のブログ『KiKiiiiiiy』の方に、さらに詳しく色々書いてるので、こちらもチェックしてみてください :)

またリアルタイムでのオペア生活の日常はTwitterでつぶやいています!こちらの方が実際の生活を想像しやすいかもしれません◎

Twitterアカウント:@kikiiiiiiy ハッシュタグ: #ベルリンオペア生活

ここまで読んでくださってありがとうございました◎

KiKi

1989年10月12生まれ。静岡県・西伊豆の小さな村出身。
2012年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科副手を3年間務めながら自身のイラストレーターの活動を続ける。カラフルな色合いのイラストを得意とし、独自の世界観を描いている。2016年夏より、『オペア留学制度』を利用してベルリンに滞在。ドイツ人ファミリーの家にホームステイしながら、子供達と一緒にドイツ語・文化・感性を学んでいます◎

BLOG:http://kikiiiiiiy.net/
Instagram: @kikiiiiiiy
Twitter : @kikiiiiiiy

KiKi