ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】durch die Blume sagen

durch die Blumen sagen ps

【今週のドイツ語】durch die Blume sagen

今日はドイツ語の慣用句を紹介します。

 

(etwas) durch die Blume sagen 

(エトヴァス) ドゥルヒ ディー ブルーメ ザーゲン

 

durch は 〜を通って という前置詞。

die Blume は

sagen は 言う という動詞です。

つまり直訳すると、「花を通して言う」(to say (something) through the flower)という意味になります。

 

お花を通して言うと、なんでもキレイに聞こえそうですね。

これは、何かを「遠回しに言う」という意味の慣用句なんです。

 

お花には、それぞれ花言葉があったり、存在そのものが意味を持っていますよね。

例えば、赤いバラを見たら大抵の人は「愛」を、

アザミといえば、トゲがあることから「憎しみ・復讐」などを

思い浮かべるのではないでしょうか。

また忘れな草なら、もはや名前そのものに意味がありますよね。

🌹🌹🌹

昔とある男性が、以前から好意を寄せていた女性に思いを伝えたいけれど、告白する勇気がありませんでした。

そこで彼は、言葉にする代わりに赤いバラを彼女に贈りました。

すると赤いバラをもらった彼女はすぐに、彼の想いを理解しました。

🌹🌹🌹

これは一例ですが、このようにお花を通して思いを暗に伝えることがあったことから、

「お花を通して言う」という表現が「遠回しに言う」という意味になったようです。

 

ちなみに、良いことだけに使われる表現ではありません。

批判や苦情、その他何か言いにくいことを遠回しに伝えるときも

このdurch die Blume sagen が使えます。

 

©ドイツ大使館

今週のドイツ語

←次の記事   ♢   前の記事→

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館

大使館スタッフ