ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】eine harte Nuss (zu knacken haben)

【今週のドイツ語】eine harte Nuss (zu knacken haben)

eine harte Nuss (zu knacken haben)

アイネ ハーテ ヌス (ツ クナッケン ハーベン)

hartは「硬い」でNussは「ナッツ」。

knackenは「割る」、ニューアンスとしては「パリッと割る」の方がしっくり来るかもしれません。

この言い回しは使い方がとても柔軟であり、
・eine harte Nuss
・eine harte Nuss knacken
・eine harte Nuss zu knacken haben
など”eine harte Nuss”単体でも、文章としても使えます。

これらの直訳は
「硬いナッツをパリッと割る」もしくは「硬いナッツをパリッと割らなければならない」などになりますが、
硬いナッツは「難しい課題」という意味合いを込めて使わられることが多く、それを割るということは、
難しい課題を解く・乗り越えるという意味になります!

例えば
”Bis er das schafft, muss er noch so manche Nuss zu knacken haben”
彼がそれを達成するまで、まだいくつかの課題を乗り越えなければならない。

またknackenを使わずに
”Das ist eine harte Nuss.” =「この課題は難しいね!」とも使えます。

この表現の由来は16世紀にまでさかのぼります。
その当時は、ナッツの硬い殻はなにかを克服する際に当たる課題のシンボルとして存在していたようで、
”Wer kosten will die süsse Nuss, die harte Schal' erst knacken muss”
「甘いナッツを食べたい人は、まず硬い殻を割らなければならない」
という言い回しがあったようです。

この言い回しは現在は使われていませんが、ここから今の言い回しに発展したのではないかと言われています。

©ドイツ大使館

今週のドイツ語

これまでに紹介した今週のドイツ語が本になりました。
見るだけで楽しく学べる「暮らし」と「文化」 ドイツのことば図鑑 というタイトルで、これまで3年以上に渡ってこのサイトで連載をしてきたものを、大幅に加筆修正し、さらに詳しくわかりやすく、そして面白く、例文や関連用語なども載せて紹介しています。
画像をクリック、または「ドイツのことば図鑑」で検索してみてね!

81d+l2u9W0L

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ