ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】fremdschämen

【今週のドイツ語】fremdschämen

(sich) fremdschämen

(ズィヒ) フレムトシェーメン

 

この言葉は非常にドイツ語らしい、他の言語には(おそらく)ない表現です。

fremd は「他人の」や「外国の」といった意味で英語の foreign に当たります。

sich schämen は「恥ずかしく思う」、「恥じる」という意味です。

直訳すると「他人を恥ずかしく思う」といった感じでしょうか。

 

これは、日本語にもちょうどいい訳語はありません。

おそらく誰でも感じたことのある思いを一言で表した、便利な(?)動詞なのです。

 

例えば、政治家や著名人の発言を聞いて、「うわぁよくこんなことが堂々と言えるな、聞いてるこっちが恥ずかしいよ・・・」と思ったことはありませんか?

はたまた、家族や友人が、例えばひどく酔っ払ったりして大声で騒いだり暴れたりして「やめてよ、本当に恥ずかしい・・・」と感じたり。

それこそが fremdschämen です。

このなんとも言えない感情を、スパっと一言で表すことができるのが、なんだかとてもドイツ(語)らしいなぁと感じます。

 

ちなみにこの言葉は比較的新しく、2000年代に入ってからの新語と言われています。同じドイツ語圏のお隣オーストリアでは、2010年に「今年の言葉」に選ばれたんだそうです。

 

©ドイツ大使館

今週のドイツ語

これまでに紹介した今週のドイツ語が本になりました。
見るだけで楽しく学べる「暮らし」と「文化」 ドイツのことば図鑑 というタイトルで、これまで3年以上に渡ってこのサイトで連載をしてきたものを、大幅に加筆修正し、さらに詳しくわかりやすく、そして面白く、例文や関連用語なども載せて紹介しています。
画像をクリック、または「ドイツのことば図鑑」で検索してみてね!

81d+l2u9W0L

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ