ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Auf den Zahn fühlen

【今週のドイツ語】Auf den Zahn fühlen


Auf den Zahn fühlen


アウフ デン ツァーン フューレン

直訳すると「歯の上で感じる」になります。

 

なんだか歯が痛そうな予感もしますが、
その由来はまさにそのとおりなのです。

 

諸説によるとこの言い回しは17世紀終わり、
歯医者がまだ存在していない時代から来ているのではないかと言われています。

 

当時の人々は歯痛がある場合は、 理容室または村の鍛冶屋のところに訪れたそうです。

 

技術が発展していない当時の「歯医者」は何をしたのかというと、 
健康な歯と虫歯を見分けるために 歯を叩き、
患者が痛がった時にその歯を抜いたのだとか。

 

なんと痛々しいエピソード。

 

そのような由来から現在では
相手の能力や知識を具体的に検証したり試したい時に使ったり、
相手に対して特定の意見を引き出そうとする場合に使われています。


 


今週のドイツ語




©ドイツ大使館




これまでに紹介した今週のドイツ語が本になりました。 見るだけで楽しく学べる「暮らし」と「文化」 ドイツのことば図鑑 というタイトルで、これまで3年以上に渡ってこのサイトで連載をしてきたものを、大幅に加筆修正し、さらに詳しくわかりやすく、そして面白く、例文や関連用語なども載せて紹介しています。 画像をクリック、または「ドイツのことば図鑑」で検索してみてね!




81d+l2u9W0L

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ