ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

モノトーンが魅力の街、Freudenberg(フロイデンベルク)

小高い丘の上からの絶景!

小高い丘の上からの絶景!

モノトーンが魅力の街、Freudenberg(フロイデンベルク)

ようやく春めいた暖かな日が続くようになりました。

ここフランクフルトのあるヘッセン州も、徐々に外出制限措置の緩和の動きがあり先週からは条件付きでレストラン営業も再開しました。しかしまだまだ油断はできません。

 

そんな中、観光気分だけでもお届けしたい!ということで、今回はモノトーンの街フロイデンベルクとその近辺の街2つを紹介します。

 

フランクフルトからフロイデンベルクまでは電車とバスを乗り継いで片道3時間弱。少し遠い道のりです。まずは電車でGießen(ギーセン)で乗り換え、Siegen(ジーゲン)まで。ジーゲン駅からはローカルバスで目的地を目指します。バスは小さな街や村を通り抜けて行くので窓からの景色が楽しい!ドイツには外見を整えている家々が多いので、おうち観察だけでもわくわくします。

さて、ようやくフロイデンベルグに到着しました。バス停からはまだ白黒の家は見当たりませんが、少し街に向かって歩いて行くと・・・

IMG_4602IMG_4627

なんと!突然モノトーンの世界に迷い込んでしまったかのような光景が広がっているではありませんか!思わず「すごい・・・!」と叫んでしまったほどです。

白黒の木組みと鱗状の屋根の家々

白黒の木組みと鱗状の屋根の家々



隅々まで見逃せません!

隅々まで見逃せません!



フロイデンベルクには14世紀には城壁と集落があったという記録が残っており、1540年に火災で城内一体に損害が広がったそうです。その後修復されましたが再び1666年には一軒を残して焼き尽くされてしまいました。2度目の修復工事ではお城は復元されませんでしたが、当時のままの街並みを残し再建し、今でも住民は家の外見は変えずに美しい街並みを保っているそうです。

 

小さくまとまっているので、小1時間もあれば街を1周できます。街外れには小高い丘がありその丘の上からの景色もまた感動的でお勧めです。私が訪れたときは観光客らしきドイツ人カップルが1組いただけで、ドイツではそこまで有名な観光地というわけではなさそうです。ドイツ人友人が「この前偶然フロイデンベルクという素敵な街を見つけた!」と話していたので「行ったことがある」と言うと、すごく驚いていました。笑

小高い丘の上からの絶景!

小高い丘の上からの絶景!



時間があったので、フロイデンベルクの街を後にしてから、フランクフルトまでの帰り道の途中にあるHerborn(ヘルボルン)とWetzler(ヴェッツラー)という街にも寄り道をしました。この2つの街は、以前紹介したイトシュタインと同様、Deutsche Fachwerkstraße(ドイツ木組みの家街道)という、ドイツ南北の木組み建築が良く保存された街を巡る観光街道の一つに数えられています。

塔を抜けると・・・

塔を抜けると・・・



ヘルボルンは第1次世界大戦前から「ナッサウのローテンブルク」とPRされていたということもあり、かわいらしい旧市街の広場は中世から残る多くの木組みの家で囲まれています。旧市街までは、駅から延びる道をまっすぐ行きディル川を渡り、Leonhardturm(レオンハルド塔)というかわいい塔をくぐり抜けます。IMG_4660 IMG_4642

広場にある姉妹都市が書かれた道標。なんだかおしゃれ。

広場にある姉妹都市が書かれた道標。なんだかおしゃれ



おじさんたちが立ち話。

なにやらおじさんたちが立ち話しています



街の丘の上には現在は図書館になっているお城が建っています。この丘の上から見る景色も素敵です。

IMG_4651IMG_4652

1時間ほどの散策後に次の街へ。

本日最後に訪れた街ヴェッツラーは、ゲーテにゆかりの深い街でもあります。法律家見習いだったゲーテは、この街でシャルロッテという女性に恋をし、その経験から代表作「若きヴェルテルの悩み」を執筆しました。そしてもう一つ、街が誇るのは世界に名だたるドイツカメラの「ライカ社」があること。

IMG_4685 IMG_4678

ヴェッツラーは森に囲まれた静かな街で、旧市街は駅から徒歩で20〜30分ほど。マイン川の支流であるラーン川を渡って向かいます。

ラーン川の橋から見える旧市街

ラーン川の橋から見える旧市街



パステル調の建物が並ぶ広場

パステル調の建物が並ぶ広場



旧市街には大聖堂が建ち、木組みの家々とパステル調の家々がうまく並んでいて、どこを見ても絵になります。1日ゆっくり時間をかけて観光することもお勧めです。

迫力のある大聖堂

迫力のある大聖堂



初めてライカの写真が撮られた場所だそう!

初めてライカの写真が撮られた場所だそう!



街の郊外のライカの本社「ライツパーク」には、ミュージアムショップやレストラン、ホテルも併設されているそうです。ツアーでの見学も可能とのことなので、合わせて観光するのも楽しいと思います。私も次回はカフェや雑貨屋などをゆっくり回ってみたいです。

IMG_4637IMG_4693

フランクフルトを訪れる際には是非、足を伸ばしてみて下さい。
次回はフランクフルト郊外の森、Odenwald(オーデンヴァルド)を紹介します!
お楽しみに!

とも

茨城県出身。幼いときにスイスに住んだことがきっかけで海外、特にドイツ語圏に興味を持つ。大学卒業後、ドイツ関係の仕事を転々とし、2018年からフランクフルトに在住。仕事後や週末の趣味はボルダリングやドイツ国内、ヨーロッパ各地の小旅行。

とも