ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Turteltäubchen

IMG_1363

【今週のドイツ語】Turteltäubchen

バレンタインデーの今日にピッタリな言葉を紹介します。

 

(die) Turteltäubchen

(ディー) トゥァテルトイプヒェン

 

die はここでは複数形の定冠詞です。

Turteltäubchen は、Turteltauben に、小さいものや可愛いものにつける語尾 -chen がくっついたもの。

Turteltauben を直訳するとコキジバトという鳩の名前です。

 

でも、このコキジバトは比喩的に、まだ付き合いたてのラブラブな2人、とてもとても愛し合っている2人、のことを表します。

「お互いのことが好きで好きで仕方ない」というのが、周りの人にも一目瞭然なほどに愛し合っている2人のことです。

 

もともとコキジバトというのは渡り鳥で、毎年寒い冬を越すと戻ってくるため、「春を告げる鳥」とされていました。

中世の時代には、コキジバトは「誠実さ」や「優しさ」の象徴となり、すでに17世紀には、恋人同士を表す言葉としてTurteltaubenが使われていたようです。

そこから、熱烈に愛し合う2人を「まるでコキジバトのようだね」と表すようになり、また 仲が良いところを見せつける(つまりイチャイチャする)、という意味で turteln という動詞が生まれたそうです。

 

©ドイツ大使館

今週のドイツ語

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

大使館スタッフ