ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Land in Sicht

【今週のドイツ語】Land in Sicht

横浜港のダイヤモンド・プリンセス号に乗船していたドイツ人乗客のうち、新型コロナウイルスの検査で陰性となり、ドイツへの帰国を希望していた人たちは、その他のEUの国々の乗客らとともに飛行機で無事日本を飛び立ち、帰国の途につきました。

新型コロナウイルスとの闘いはもちろんまだ終わっていません。ただ、長い間船内で過ごしていた彼らが、母国へ帰ることで少しでも気が休まることを願っています。

 

今日紹介するドイツ語は、そんな状況にあてはまる表現です。

 

Land in Sicht

ラント イン ズィヒト

 

Land はここでは陸、

in Sicht で視界に入る(入っている)、

という意味なので、直訳は「陸が見える」となります。

 

これはもともとは海兵さんの言葉。

長く海に出ていた彼らが、陸地が見えた時に "Land in Sicht!"「陸が見えたぞ!」と喜ぶ様子が想像できるでしょうか。

 

陸が見えてくれば、あとは着くまでもう少し。ゴールはすぐそこです。

つまり、ゴールが見えてきた、終わりが見えてきた、事態はもうすぐ打開できそうだ、こういった時に使う表現です。

 

今週のドイツ語

©ドイツ大使館

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館
今週のドイツ語が本になりました!→「ドイツのことば図鑑

Facebook : dbohnen

大使館スタッフ