ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

誰!?

ⒸGerman Embassy Tokyo

ⒸGerman Embassy Tokyo

誰!?

1週間で2度美味しい、第16節はエングリッシュ・ヴォッヘ⚽️
前節首位に立ったライプツィヒはドルトムントと対戦。
ホームでバリ強のドルトムントは前半2点を先制しいつものペースだったが、後半ライプツィヒが得点王を目指すヴェルナー選手のゴールで追いつく。
ホームで勝ち点「3」が命題のドルトムントは再び好調のサンチョ選手のゴールで勝ち越すも、終盤に再び追いつかれ痛い引き分け。


前節首位の座を奪われたメンヒェングラードバッハは最下位パーダーボルンに順当勝ちで勝ち点で首位ライプツィヒに並ぶ。


今季どうしても調子が出ないバイエルンは敵地でフライブルクと対戦。
レヴァンドフスキ選手のゴールで先制するも後半に入り同点に追いつかれる。
このまま引き分けかと思われた後半終了間際の90分にフリック監督は先日チャンピオンズリーグのトッテナム戦でデビューしたオランダ世代別代表にも選ばれたザークツィー選手を投入。
ブンデスデビューとなったザークツィー選手は直後のアディショナルタイム92分に勝ち越しゴールを決める!
95分にはニャブリ選手がトドメを刺しバイエルンが敵地でミラクル勝利!
3位に浮上!
これからザークツィー選手に注目ですニャ=^_^=


最近大敗が続いている大迫選手のブレーメンは今節もホームでマインツに0対5と大敗・・・
大迫選手は先発して後半69分に後退。


長谷部選手と鎌田選手のフランクフルトはホームでケルンと対決。
2点を先制してこの試合は安泰と思いきや、ケルンに4点を奪われ屈辱の敗戦。
長谷部選手と鎌田選手は先発フル出場。


ブンデスリーガは残り1節。
上位混戦が続く中、日本人選手の所属するフランクフルトとブレーメンが調子を落としているのが気にニャる・・・

ⒸGerman Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)

ⒸGerman Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)



情報源:
ブンデスリーガ公式日本語ウェブサイト bundesliga.com/jp
kicker.de kicker.de
DFB(ドイツサッカー連盟)ウェブサイト dfb.de

(20. Dezember 2019)



ⒸGerman Embassy Tokyo

ⒸGerman Embassy Tokyo



「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog