ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

クリスマスの準備中

ⒸGK Osaka-Kobe

ⒸGK Osaka-Kobe

クリスマスの準備中

ドイツ総領事館に居候しているリョウちゃんからメールが届いたよ♪
今日の話題は・・・=^_^=




ドイツではクリスマス前のアドヴェントの時期になると、お家でクリスマス用のクッキーを焼くんだ。
お家にはあまい香りとスパイスの香りが漂い、クリスマスの季節だなぁって実感。
今日も郵便ボックスを覗いたら、こんな招待状が届いてたよ♪

「第3アドヴェントの日曜の午後、みんなでPlätzchenを作りましょう」

やったニャン!
ちゃんとドイツのクリスマスレシピを元に作るから、中々本格的になりそうだニャン♪

でも、レシピを見てみると、「生のイースト」「マジパン」「Orangeat」・・・
なんだか日本では中々手に入らないものがあるけど、そこはご愛嬌、適当に作っちゃおう!って盛り上がる。

まずは一番時間がかかるStollen(シュトレン)から。
イースト(生はないから、ドライイーストで代用)を温めて発酵させ、レーズンをラム酒に漬ける。
生地を愛情たっぷりにコネコネして、ナッツやレーズンを入れて(マジパンとOranngeatはないから省略)、またコネてから、1時間寝かせる・・・
充分膨らんでから、オーブンで50分も焼くんだニャン。
なんだか、部屋中にあまーい香りが漂ってる・・・ってことは焼き上がりだね。
焼きあがったら、溶かしバターをたーーーーっぷりかけて、粉糖をかけてできあがり♪

そして、お次はPlätzchen(プレッツヒェン)。
ドイツではジャムを挟んだものや、ナッツを入れたものをよく食べるんだニャン。
今回はアプリコットジャムを挟んだクッキーと、日本ではフロランタンっていう名前で有名な「Florentiner(フロレンティーナ)」、ココアを練りこんだクッキーにアイシングしたものなどいっぱい作ったよ。
来年はシナモンを入れたのや、ドライチェリーを飾ったHausarenkrapfen(別名「Engelaugen」天使の目)も作りたいニャン。
ⒸGK Osaka-Kobe

ⒸGK Osaka-Kobe


今日はいっぱいシュトレンとプレッツヒェンを食べたから、もうお腹いっぱい!
明日はいつもの倍運動しなくちゃ。

(15. Dezember 2015)



ⒸGerman Embassy Tokyo

ⒸGerman Embassy Tokyo

「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog