ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

#Tag : Dortmund

プレゼントはソックスが一番人気。贈り手としてはデザインが豊富にあり手頃なのが魅力だとか Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2018.03.13プレゼントにサービス…産前・産後にウェルカムの嵐 社会全体で祝う赤ちゃん誕生

連載「ハローBaby ~子育てABC」<2> 実際に赤ちゃんを産んで子育てを始める前から薄々気付いていましたが、ドイツでは赤ちゃんの誕生に関して歓迎度合いがすごい。友人たちからはもちろん、ご近所から医…

【新連載「ハローBaby ~子育てABC」】生後1カ月、ドルトムント〜ミュンヘン片道600kmのクルマ旅へ出かけてきました Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2018.02.11【新連載「ハローBaby ~子育てABC」】赤ちゃんを連れて出かけよう 生後10日目のお散歩から片道600kmの旅へ

――2017年、初めての妊娠・出産をドイツでむかえました。そして始まった子育て。今回新連載となる「ハローBaby ~子育てABC(アーベーツェー)」では、ドルトムント在住の筆者・シュルテ柄沢 亜希がマ…

ドルトムントにやってきた「ヨーロピアン・アウトドア・フィルム・ツアー」の日曜夜の回は、500人の来場者で満員御礼 Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2017.11.27「ヨーロピアン・アウトドア・フィルム・ツアー」がやってきた 7つの壮大な作品に沸いた日曜夜

連載「アクティブ ドイツ!」<16> ドルトムントのイベントスペース「FZW」に、「ヨーロピアン・アウトドア・フィルム・ツアー」(European Outdoor Film Tour、以下EOFT)が…

湖や池などの水辺はヴェストファーレンパーク内にたくさん。水面に映る“逆さ紅葉”が美しく、多くの人が立ち止まっていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2017.11.02公園を散歩してみよう 2時間かけても周りきれない都市型公園「ヴェストファーレンパーク」

連載「アクティブ ドイツ!」<15> ことしの日本の秋は台風襲来が多めでしょうか? 秋晴れに恵まれているでしょうか? ドイツの秋は11月になると日照時間は減り、さらに悪天候というイメージですが、秋晴れ…

ドルトムント北西に位置するホッシュパークの野球グラウンドは、野球クラブ「ドルトムント・ワンダラース」のホーム Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2017.04.28野球にもブンデスリーガあります 「ドルトムント・ワンダラース」のホームグラウンドでほのぼの観戦

連載「アクティブ ドイツ!」<9> 「ドルトムントのブンデスリーガチーム」と聞いて10人中10人が思い浮かべるのは、サッカーの名門「ボルシア・ドルトムント」でしょう。日本語で「ブンデスリーガ」というと…

ドルトムントのシュタディオン・ローテ・エルデで国内第4リーグ「ボルシア・ドルトムント II VS ビクトリア・ケルン」の試合が開催されました。晴天で観戦日和! Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2017.03.29身近に楽しむサッカー第4リーグ「レギオナルリーガ」 晴天のドルトムントは大賑わい

連載「アクティブ ドイツ!」<8> 先週の日曜日、3月26日に冬時間から夏時間へと変わりました。日本とドイツの時差も、8時間から7時間に縮まりましたよ。ドルトムントでは不安定だった天気も落ち着き、晴れ…

ドイツ・ドルトムントにあるアイススポーツツェントルム・ヴェストファーレン。9月から4月頭までオープンしている Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.12.30年の瀬のアイスリンクは大賑わい 家族や友人と過ごすスケートの時間

連載「アクティブ ドイツ!」<5> 前回レポートしたスタジアム“ジグナル・イドゥナ・パーク”と同じエリアにあるドルトムントのアイスリンク「Eissportzentrum Westfalen」(アイスス…

ドルトムントのスタジアム「ジグナル・イドゥナ・パーク」は、ドイツ最大。収容人数8万1359人を誇る Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.11.30高得点マッチに沸いたドルトムント ドイツ最大のスタジアムでサッカー観戦

連載「アクティブ ドイツ!」<4> ドルトムントの「ジグナル・イドゥナ・パーク」(Signal Iduna Park)は、ドイツで最大収容人数(8万1359人)を誇るスタジアムです。ブンデスリーガチー…

街角に神出鬼没の“パブリック本棚”。人口7万超の町アルンスベルクでは、中心街に設置されていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.09.30地域で共有する知のリサイクル ドイツが起源の“パブリック本棚”とは?

連載「アクティブ ドイツ!」<2> 読み終わった本やいらなくなった本、みなさんはどうしていますか? わたしは、過去に日本で古本屋チェーンへ本を持ち込んだ時に思い入れのあった本も一様にグラム単位で価値を…