ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

#Tag : ミュンヘン

【新連載「ハローBaby ~子育てABC」】生後1カ月、ドルトムント〜ミュンヘン片道600kmのクルマ旅へ出かけてきました Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2018.02.11【新連載「ハローBaby ~子育てABC」】赤ちゃんを連れて出かけよう 生後10日目のお散歩から片道600kmの旅へ

――2017年、初めての妊娠・出産をドイツでむかえました。そして始まった子育て。今回新連載となる「ハローBaby ~子育てABC(アーベーツェー)」では、ドルトムント在住の筆者・シュルテ柄沢 亜希がマ…

TFTをドイツで広める小林智子さん

2016.10.19日本発・食の不均衡解消プログラムをドイツで広めたい 小林智子さん

先進国では飽食が元で生活習慣病にかかる人がいる一方で、世界のどこかでは食べ物に困り、飢餓や栄養失調で苦しんでいる人々がいる。 もっと世界全体でバランスが取れればいいのに……と思ったことはありませんか。…

ミュンヒナー・ヤコブスヴェーク(Münchner Jakobsweg)

2016.06.23第19回 南ドイツの巡礼路を歩くべき8つの理由

ミュンヘンから南西のボーデン湖へ延びる計270kmのサンティアゴ巡礼路、ミュンヒナー・ヤコブスヴェーク(Muenchner Jakobsweg)。前回までに全行程を歩いた模様をお伝えしてきましたが、今…

ミュンヘン州立裁判所、ここも「会場」になる!

2016.03.15ミュンヘンが「世界ミステリ首都」となる季節!

2016年3月14日、「KRIMIFESTIVAL MÜNCHEN(ミュンヘン・ミステリ祭)」が始まりました! このミステリ・フェスは初回の2003年春以降、毎年次第に拡大し、今では全世界から100人…

Junghans ©picture alliance / dpa

2016.02.12ドイツ - 時が優雅に刻まれる国-

ハイテクや高級車、そして産業大国で知られるドイツに果たしてファッション、デザインや装飾の分野で誇れるものがあるのでしょうか。「実に驚くほどたくさんある」という答えが、伝統的な時計づくりの技を見れば出て…

道端のマリア像。上部には道ゆく人たちが置いたのであろう小石が積み重なっています。

2015.11.26第5回 目指すは聖なる丘の黒ビール

南ドイツを走るサンティアゴ巡礼路のひとつ、ミュンヒナー・ヤコブスヴェーク(参照:Münchner Jakobsweg)を歩く旅はまだまだ続きます。 本日の起点であるシュタルンベルク湖(Starnber…

巡礼路のすぐわきには牛たちが。好奇心旺盛なのと、我関せずなのと。

2015.11.11第4回 メルヘン王の没した湖に向かって

あたりが霧にけぶる朝をむかえると、いよいよ冬が近づいてきたと感じます。朝9時、気温は0℃!今回の南ドイツのミュンヘナー・ヤコブスヴェーク巡礼(参考:Münchener Jakobsweg)は、小さな町…

高台を通る巡礼路からイーザル川を見下ろす。紅葉も見ごろだ。

2015.10.22第3回 白い羽と玉ねぎケーキ、ギムナジウムの悪ガキ

朝10時。アパートの窓からいまにも雨が降り出しそうな空を眺めて逡巡しているうちに、出発がすっかり遅くなってしまいました。巡礼路を歩くならできればすっきりした天気の日に、と思うものの、今日をのがせばしば…

本日の舞台はイーザル川、人々の憩いの場です。向こうに建つのは聖マキシミリアン教会。

2015.10.08第2回 巡礼路で待つビアガーデンの誘惑

いよいよミュンヒナー・ヤコブスヴェーク(参考:Münchner Jakobsweg)を歩き出した私。 前回は、「聖ヤコブ教会(St.Jakobskirche)」をスタートし、「ヴィクトアーリエン市場(…

5週間にわたり、田舎道をただただ歩き続けたサンティアゴ巡礼。

2015.09.24第1回 巡礼のはじまりは「レバーケースゼンメル」で

皆さんはじめまして!ミュンヘンで編集者をしている溝口シュテルツ真帆といいます。 このたび、少々唐突かしらと心配をしながら、この『YOUNG GERMANY』でのブログのテーマに「南ドイツの巡礼路」を選…

12