YOUNG GERMANY ドイツ発 ライフスタイル・ガイド

#Category : Culture

© 2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF

2016.11.30映画「ヒトラーの忘れもの」

ナチス・ドイツが白い浜辺に遺したのは地雷だけだったのかー? デンマークの美しい砂の下に封印されていた残酷な真実を、衝撃の史実に基づき映画化! 1945年5月、デンマーク。ナチス・ドイツ降伏のあと、ドイ…

ドルトムントのスタジアム「ジグナル・イドゥナ・パーク」は、ドイツ最大。収容人数8万1359人を誇る Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.11.30高得点マッチに沸いたドルトムント ドイツ最大のスタジアムでサッカー観戦

連載「アクティブ ドイツ!」<4> ドルトムントの「ジグナル・イドゥナ・パーク」(Signal Iduna Park)は、ドイツで最大収容人数(8万1359人)を誇るスタジアムです。ブンデスリーガチー…

事件現場となったグルーバー家の家屋 Ⓒ Andreas Biegleder

2016.11.22事実は小説よりドイツなり…君はヒンターカイフェック事件を知っているか?

ドイツ犯罪史上に残る超謎な未解決事件に、「ヒンターカイフェック事件」があります。 それは1922年3月、第一次世界大戦の終結からまだ日も浅く、ドイツ帝国時代の空気が色濃く残るバイエルン州、ミュンヘン北…

Ⓒ マライ・メントライン

2016.10.17戦時下カルト宗教暗躍の脅威『オーディンの末裔』

日本では腐女子の皆様にも大好評だったベルリン戦時下サスペンス『ゲルマニア』、その続編たる『オーディンの末裔』が訳出されました! …で。 巻末解説は冒険小説伝道王の北上次郎先生なのですが、いきなり「正直…

街角に神出鬼没の“パブリック本棚”。人口7万超の町アルンスベルクでは、中心街に設置されていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.09.30地域で共有する知のリサイクル ドイツが起源の“パブリック本棚”とは?

連載「アクティブ ドイツ!」<2> 読み終わった本やいらなくなった本、みなさんはどうしていますか? わたしは、過去に日本で古本屋チェーンへ本を持ち込んだ時に思い入れのあった本も一様にグラム単位で価値を…

©Düsseldorfer Schauspielhaus – Foto: Sebastian Hoppe ©Gustav Kiepenheuer Bühnenvertriebs-GmbH

2016.09.02時代を撃つ鬼才シーラッハの知的挑戦、その名は『テロ』!

“しかし皆さん、本質的なことはすこし別なところにあります。近代国家は、人間が私的制裁を放棄したから成立したのです。” 世界的に議論と賞賛を呼んだ傑作短篇集『犯罪』を皮切りに、フェルディナント・フォン・…

ds_iphoneから 1031

2016.07.25帰ってきたヒトラー:広報活動を通じて「視えた」ものとは!

『帰ってきたヒトラー』、おかげさまで小説も映画も予想をはるかに超えるヒット作となりました。この展開には原作出版の河出書房新社さんも映画配給のギャガさんも心底驚いた、というのが正直なところです。それだけ…

メイン

2016.06.27『ハンナ・アーレント』の監督&主演で贈る、母と娘の感動ミステリー

『ハンナ・アーレント』の名匠マルガレーテ・フォン・トロッタ監督と主演のバルバラ・スコヴァが再び手を組んだ、オペラとジャズで彩られた母と娘のミステリー、『生きうつしのプリマ』が7月16日(土)より全国順…

Ⓒマライ・メントライン

2016.06.09和製ホラーは絶滅収容所の夢を見るか?…その名は『屍鬼』

「貞子vs伽椰子 恐怖の始球式!」など昨今はネタとしての展開が目立つものの、和製ホラー(Jホラー)作品は、日本独特のじっとりとした恐怖マインドを昇華させた文化媒体として世界的人気を誇っています。 一見…

©2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co.

2016.05.27映画『帰ってきたヒトラー』:気になったらマスト観るべし!

前回記事で少しご紹介した、映画版『帰ってきたヒトラー』。 観る前に原作小説を読むべきか、観てから読むべきか、あるいは読まなくてもおっけーか? 1945年、死の瞬間にタイムスリップして現代に蘇ったヒトラ…

123...5...