ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

#Author : マライ・メントライン

マライ・メントライン

翻訳(日→独、独→日)・通訳・よろず物書き業 ドイツ最北部、Uボート基地の町キール出身。実家から半日で北欧ミステリの傑作『ヴァランダー警部』シリーズの舞台、イースタに行けるのに気づいたことをきっかけにミステリ業界に入る。ドイツミステリ案内人として紹介される場合が多いが、自国の身贔屓はしない主義。好きなもの:猫&犬。コーヒー。カメラ。昭和のあれこれ。牛。

Twitter : https://twitter.com/marei_de_pon

マライ・メントライン

Harald Gilbers:Germania Ⓒ Knaur TB

2015.05.06翻訳ミステリ最新動向!~第6回翻訳ミステリー大賞コンベンション参戦記~

翻訳ミステリー大賞は、前々年11/1から前年10/31までに刊行された海外ミステリの中から、2回の投票を経て決定される非常にコアなベストオブベスト賞です。そもそも投票資格が「フィクションの訳書がすでに…

ペトラ・ブッシュ『漆黒の森』 Ⓒ東京創元社

2015.04.07流れよ我が涙、とドイツミステリは言った…ペトラ・ブッシュ『漆黒の森』の威力!

ドイツミステリに驚異の新進女性作家登場! 『漆黒の森』これは見逃せない! …といっても、「えー? すでにネレ・ノイハウスとかシャルロッテ・リンクとか居るからいいじゃん。しかも、『白雪姫には死んでもらう…

© 2014 Film Oblige – Gaumont – Blueprint Film – Arte France Cinema

2015.03.03映画『パリよ、永遠に』:パリ解放を描く究極の心理劇!

第二次世界大戦終盤。 ヒトラーから「パリを死守せよ。もし撤退するなら徹底的に破壊せよ!」と厳命を受けたパリ防衛司令官フォン・コルティッツ将軍のもとに、パリ駐在スウェーデン総領事ラウル・ノルドリンクが現…

Ⓒ Marei Mentlein

2015.02.20今期ドイツ翻訳文芸最大の問題作:シーラッハ『禁忌』の真価とは!

2015年、翻訳ドイツ文芸界最初の衝撃は、「あの」フェルディナント・フォン・シーラッハの『禁忌』(原題:TABU)の出版であるといってよいでしょう。 シーラッハはドイツ文壇の言論人として強力な影響力を…

Ⓒ Deutscher Taschenbuch Verlag

2015.01.18単なる傑作よりも「問題作」を選ぶ日! の巻

2015年、いまさらですがあけましておめでとうございます! さてさて前回の北欧ミステリーフェスリポートにて予告したとおり、新春初回の本稿、お題はスウェーデンの巨匠、ヘニング・マンケルの『北京から来た男…

ドイツ書店の北欧ミステリ棚! ⒸMarei Mentlein

2014.12.16潜入!北欧ミステリーフェス2014!【天の巻】

そういえばこの連載のスタートの頃、北欧ミステリがドイツミステリの師匠でありベンチマークであり、文学とエンタメの境界接近のきっかけであった、という話をしました。ドイツ国産ミステリの進境が著しい昨今ですが…

kurari01

2014.11.06旧世代ドイツミステリの逆襲!【沈黙の果て】Byシャルロッテ・リンク

以前本稿にて、「北欧ミステリ上陸以前」の旧世代ドイツミステリの類型としてシャルロッテ・リンクの『姉妹の家』を取り上げて、というかおもいっきり厳しい評価をしたことがあります。 ノイハウスやクッチャーに代…

new031

2014.10.18歴史映画で知的探究心を刺激してみる!【シャトーブリアンからの手紙】

2014年秋、日本にて、『シャトーブリアンからの手紙』という映画が絶賛公開されます。詳細についてはこちらをご覧ください。内容を端的に申し上げると、 ①第三帝国が占領下フランスで犯した大量処刑事件(抗独…

ds_P1060110

2014.10.01達人×達人の相乗効果が生み出してしまう衝撃とは!

2014/9/13、いまだ猛暑の季節が明けきらぬ東京・新宿のグローブ座にて、なんとも興味深く魅力的なアートイベントが実行されました。日本を代表する名優のひとり、橋爪功によるフェルディナント・フォン・シ…

Windrad-Wind-Turbine

2014.09.09大いなる矛盾には、大いなる直視を!

いま(2014年9月時点)、国際世論をそこそこ賑わす話題のひとつに、「脱原発+再生可能エネルギーシフト」を志向するドイツのエネルギー政策をめぐるゴタゴタがあります。ご存じない方は、「再生可能エネルギー…

...234...