ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

#Author : シュルテ柄沢 亜希

シュルテ柄沢 亜希

Aki SCHULTE-KARASAWA ● 1982年生まれ、ドイツ・ドルトムント在住。フリージャーナリスト。執筆ジャンルは自転車・アウトドアアクティビティ、スポーツ、旅、食、アート、ライフスタイルなど文化全般。幼少期の5年間をハンブルクで過ごしたことがアイデンティティのベースにある。好きなものは、ビール、チーズ、タマゴ――ワイン、日本酒、ウイスキーも大好き。ランニング、ロードバイクライドにてカロリーを相殺する日々。ブログ「ドイツのにほんじん」に日記をつけ、産経デジタル「Cyclist」、三栄書房「GO OUT」などで執筆中。

シュルテ柄沢 亜希

ホッケンハイムでADACの安全運転教習を体験。噴水の壁を避けながらドライブする体験もあった Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.10.30F1サーキット「ホッケンハイムリンク」でADACの安全運転教習を体験

連載「アクティブ ドイツ!」<3> 9月の上旬、フランクフルトの南に位置するサーキット「ホッケンハイムリンク」へ行ってきました。ホッケンハイムは、モータースポーツの頂点、F1世界選手権の「ドイツグラン…

街角に神出鬼没の“パブリック本棚”。人口7万超の町アルンスベルクでは、中心街に設置されていた Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.09.30地域で共有する知のリサイクル ドイツが起源の“パブリック本棚”とは?

連載「アクティブ ドイツ!」<2> 読み終わった本やいらなくなった本、みなさんはどうしていますか? わたしは、過去に日本で古本屋チェーンへ本を持ち込んだ時に思い入れのあった本も一様にグラム単位で価値を…

10分蓄光すると10時間発光を続ける「ナイグロー」はドイツ企業の製品。そのほか出展社960がそれぞれ趣向をこらした展示を行った Photo: Aki SCHULTE-KARASAWA

2016.08.31【新連載「アクティブ ドイツ!」】 アウトドアアクティビティが凝縮されたメッセ会場に潜入

――2016年8月から連載「アクティブ ドイツ!」を執筆するシュルテ柄沢 亜希です。アクティブ ドイツ!では、ドイツ中部のドルトムントを拠点としたトピックスや、スポーツやアクティビティが盛んでアウトド…

12