ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

バウハウス旅ぐるめ~ワイマール編

weimar9

バウハウス旅ぐるめ~ワイマール編

世界の建築・デザインに大きな影響を与えた総合芸術学校バウハウス。2019年は創立100周年を記念して博物館のオープンやイベントが目白押し。このミレニアムイヤーを逃す手はない、と拠点となったワイマール、デッサウ、ベルリンをめぐるツアーを決行しました(1人旅ですけども)

バウハウスについてはいくつかのメディアで記事を書かせていただいたのですが、美味しいドイツを伝え隊としては旅ぐるめもお伝えしたい!ということで、ここでは旅先で出会った美味しいものたちを中心に紹介していきたいと思います。

ツアーはバウハウス誕生の地、ワイマールからスタート。

まず向かったのはバウハウス誕生の地、ワイマール。

まず向かったのはバウハウス誕生の地、ワイマール。



ゲーテとシラー かつてゲーテやシラーが活躍した「古典主義の都」として世界遺産にも登録されているワイマールは、バウハウス関連の遺跡群と合わせて2つも世界遺産を有する町。1919年、ドイツ初の民主主義憲法「ワイマール憲法」が制定されたこの町でバウハウスが誕生しました。

手を取り合うゲーテとシラーの像

手を取り合うゲーテとシラーの像



さて、まずは腹ごしらえ。私はワイマールに来たらどうしても食べずにはいられないものがありまして。それは・・・

じゅーじゅー焼かれてるテューリンガーブラートヴルストが最高!

じゅーじゅー焼かれてるテューリンガーブラートヴルストが最高!



ソーセージ屋台 市庁舎が建つマルクト広場の、屋台のテューリンガーソーセージ!!今ではドイツ中で食べられるテューリンゲン発祥の焼きソーセージですが、ここで食べるとなぜだか妙に美味しく感じられるんです。

そして、ワイマールで一番の名物といえば・・・玉ねぎ。

玉ねぎ人形・・・可愛い・・・ですよねっ!

玉ねぎ人形・・・可愛い・・・ですよねっ!



広場の屋台では玉ねぎで作った飾りが売られています。玉ねぎ人形のお顔がなんとも微笑ましいですね(笑)

ワイマールでは、毎年10月に玉ねぎ祭りが開催されます。玉ねぎの飾りや玉ねぎケーキ「ツヴィーベルクーヘン」、秋限定の新ワイン「フェダーヴァイサー」など600以上の出店が並び、40万人もの来場者で賑わうという盛大なイベント。1653年から続く歴史あるお祭りで、ゲーテも常連だったそうですよ。

玉ねぎ祭りでは玉ねぎの女王も登場!

玉ねぎ祭りでは玉ねぎの女王も登場!



 

可愛らしいチョコレート屋さんで、ワイマールの有名人ゲーテとシラー印のコーヒーを発見しました。ゲーテはコーヒー通として知られ、カフェイン発見のきっかけを作るなどコーヒーをめぐるたくさんの逸話が残っています。

ゲーテ(右)とシラー(左)のコーヒー

ゲーテ(右)とシラー(左)のコーヒー



ゲーテの家のすぐ向かいには、彼が足繁く通ったレストラン「白鳥亭(Zum Weissen Schwan)」が。テューリンゲン地方の郷土料理のほか、ゲーテが好物だったというターフェルシュピッツェもいただけます。

ゲーテが常連だった「白鳥亭」は白鳥の看板が目印

ゲーテが常連だったレストラン「白鳥亭」は白鳥の看板が目印



白鳥亭は以前行ったことがあったので、今回は自家醸造の黒ビールが飲めるレストラン「Kostritzer Schwarzbierhaus」で夕食をとることに。ここは小さいサイズの料理が選べるので一人旅には最適。ワイマール名物の玉ねぎスープと、黒ビールで煮込んだグラーシュのテューリンゲン風クロース(じゃがいも団子)添えをいただきました。

自家醸造の黒ビールと玉ねぎスープ

自家醸造の黒ビールと玉ねぎスープ



黒ビールで煮込んだグラーシュとテューリンゲン風クロース。これで小サイズ!

黒ビールで煮込んだグラーシュとテューリンゲン風クロース。これで小サイズ!



最後に、ワイマールのおすすめ土産をご紹介。

バウハウスボトルのクラフトジンをお土産に

バウハウスボトルのクラフトジンをお土産に



地元の醸造所「Wiegand Manufactur」がつくるLYONELドライジン。コリアンダー、カルダモン、ラベンダーなど13種類のハーブを使用していて香り豊かで奥深い味わいです。バウハウスの基本色である赤・青・黄をデザインしたボトルがワイマールならではですね。

ドイツではここ数年、クラフトジンがちょっとしたブームとなっています。以前はジンはあまり好きでなかった私も、ドイツでいろいろ試しているうちにその美味しさに目覚めました。なかでもある場所で出会ったジンが史上最高!と感動したのですが、この話をすると長くなってしまうのでまたの機会に!

次は、バウハウスが最盛期を迎えたデッサウへと向かいます。

坪井由美子

日本では「食」に関する仕事(マーケティング、商品開発、店舗プロデュース、テレビ・ラジオへの情報提供及び出演。雑誌やウェブでの執筆など)に携わる。テレビ東京『テレビチャンピオン・甘味王選手権』で3度優勝。 2003年よりドイツに拠点を移しフリーライターとして活動。各地を取材で飛び回り王道観光地から穴場のおもしろスポット、ライフスタイル、最新トレンドなどリアルなドイツ事情を新聞、雑誌、ウェブメディアで発信。人生のテーマは、旅と食と人。自他ともに認める食いしん坊です。 総合情報サイト「オールアバウト」ドイツガイド担当 / ドイツ発フリーペーパー「ドイツ・ニュースダイジェスト」で『食いしん坊のための簡単おいしいレシピ ~Locker! & Lecker!~』連載中

Twitter : https://twitter.com/realdoitsu

Facebook : https://www.facebook.com/realdoitsu

坪井由美子