ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

オーダーベルガー・シュトラーセで歴史とカフェさんぽ

DSC09085

オーダーベルガー・シュトラーセで歴史とカフェさんぽ

プレンツラウアー・ベルク地区の魅力のひとつは「散歩して楽しい」ことだと思っています。1世紀以上の歴史を経てきたアパートや公共施設、センスのいいものがそろう個人店やカフェ。ただ歩くだけで思わず写真に撮りたくなるスポットがたくさんあります。

私が自分の中で勝手に「カフェ通り」と呼んでいるストリートがあります。それは「オーダーベルガー・シュトラーセ」(Oderberger Str.=オーダベルク通り)という名のストリート。今日はここを端から端まで歩いてみましょう。

 

ストリートの始まりと終わりには必ず名前を示す標識があります。Oderbergerの「er」部分がいたずらでシールが貼られていますが……。

ストリートの始まりと終わりには必ず名前を示す標識があります。Oderbergerの「er」部分がいたずらでシールが貼られていますが……。




昔の公衆プールが今はホテルのプールに

ベルリンの住所はストリートごとに1、2、3……と番地が振られています。今日はオーダーベルガー・シュトラーセの1番地から歩きはじめましょう。1番地はコリーナー・シュトラーセ(Choriner Str.=コリーン通り)との角から始まります。


 

 

歩きはじめるとすぐに、進行方向左手にこんな建物が見えてきました。これ、なんでしょう?

何の建物でしょうか?

何の建物でしょうか?



 

じつはこれ、公衆プールだったのです。周囲のアパートが建てれられたのは19世紀後半から20世紀初頭にかけてで、当時は世帯ごとにバスルームはなく、トイレも普通は共同でした。特にプレンツラウアー・ベルクは労働者が多く住んでいた地区だったので、豪華な住まいではありませんでした。ですから公衆プールは、日本の銭湯に似た役割も果たしていたのです。

この公衆プールは1902年に完成しましたが、1986年にいったんはその役割を終えて閉鎖され、ときおりイベントスペースとして使われていたものの、ほとんど廃墟状態でした。室内の写真は、いまからちょうど10年前の2009年に撮ったものです。

2009年当時。建物内部を見たくて、イベントの日に入り込んで撮りました。

2009年当時。建物内部を見たくて、イベントの日に入り込んで撮りました。



 

同じく2009年当時の状態。

同じく2009年当時の状態。



その場所を語学学校が買い取り、4年の月日をかけた大がかりな改装を経て、プール付きホテル 「ホテル・オーダーベルガー・ベルリン」(Hotel Oderberger Berlin)としてオープンしたのが2016年のこと。以前の雰囲気を壊さぬように改装されて蘇りました。私は、こうした形で古い建築が生き続けているのが好きです。最初はただ単に建物に惹かれ、そこから過去への興味が芽生えるのです。

2016年。照明は元のデザインを踏襲して新たに作ったそうです。この日は見学日だったので床が上がった状態です。ふだんは床が下がり水が入っています。

2016年。照明は元のデザインを踏襲して新たに作ったそうです。この日は見学日だったので床が上がった状態です。ふだんは床が下がり水が入っています。



 

 

いよいよカフェ地帯へ

 

さらに進み、カスターニエンアレー(Kastanienallee)という通りを横切ると、ここからはカフェが多く賑やかな雰囲気になります。

 

カスターニエンアレーを横切ったところ。

カスターニエンアレーを横切ったところ。



 

 

歩道が広いですよね。5月頃には街路樹のロートドルン(Rotdorn)がピンク色の花を咲かせています。日本語ではセイヨウサンザシというようです。

 

このスペースがすべて歩道です。

このスペースがすべて歩道です。



 

ロートドルン(Rotdorn)の花。

ロートドルン(Rotdorn)の花。



周囲のアパートは「アルトバウ」と呼ばれる19世紀後半から20世紀初頭にかけて造られたもの。ユーゲントシュティール様式(ドイツにおけるアール・ヌーヴォー)の美しい装飾が施されていることが多く、私は大好きです。もちろんこれらの建築も、改装が続けられています。1世紀以上もの建築がいまも現役でいられるのは、絶え間ない手入れがあってこそできること。ここでは新築よりも、手入れの行き届いた古い建築のほうに価値を見出す人が多いのです。

 

美しいアルトバウ。

美しいアルトバウ。



 

道の両側にはカフェやレストラン、ブティックが連なります。どうぞ気になるところに入ってみてください。気後れすることはないですよ。

 

 

カフェと雑貨のお店 「カウフ・ディッヒ・グリュックリヒ」(Kauf Dich Glücklich)。ここのアイスがおいしいです。

カフェと雑貨のお店 「カウフ・ディッヒ・グリュックリヒ」(Kauf Dich Glücklich)。ここのアイスがおいしいです。



 

イタリア製の服や小物の「BZNA」。

イタリア製の服や小物の「BZNA」。



南ドイツのメニューがあるカフェ「エンゲルベルク」(Engelberg)。ワインも飲めます。

南ドイツのメニューがあるカフェ「エンゲルベルク」(Engelberg)。ワインも飲めます。



 

東ドイツグッズファンなら、ここ「ファオ・エー・ベー・オランジェ」(VEB orange)は見逃せません。

東ドイツグッズファンなら、ここ「ファオ・エー・ベー・オランジェ」(VEB orange)は見逃せません。



 

ここはお店……ではなく、消防署です。赤い扉の背後に消防車が待機しています。

ここはお店……ではなく、消防署です。赤い扉の背後に消防車が待機しています。



 

ちょっと歩き疲れたので、カフェで休みましょう。進行方向左手にある「ボナンザ・コーヒー・ヒーローズ」(Bonanza Coffee Heroes)に入りましょうか。

「ボナンザ・コーヒー・ヒーローズ」のシックでシンプルな外観。

「ボナンザ・コーヒー・ヒーローズ」のシックでシンプルな外観。



 

カプチーノでひと息つきましょう。

カプチーノでひと息つきましょう。



 

 

2007年にこの店がオープンしたときは、高価なエスプレッソマシンが話題になったものでした。この店によって、ベルリンのコーヒー(エスプレッソ)のレベルがグッと上がったと思います。その後サードウェーブコーヒー(コーヒー豆の品質、産地や焙煎にこだわった、味を追求する流れ)がベルリンにも訪れましたが、ここはそれを牽引した店のひとつと言えるでしょう。現在は自家焙煎を行っていて、クロイツベルク地区に大きなロースタリー兼カフェがあります。コーヒー豆も買えますよ。

 

さて、お店を出て先へと進むと、すぐに突き当ります。ここで「オーダーベルガー・シュトラーセ」は終わりです。その先は、1989年の壁崩壊前までは行き止まりでした。なぜならその先にベルリンの壁があったからです。現在は「マウアーパーク」(Mauerpark=壁公園)へとつながっていて、行く手を遮るものはありません。いま、私たちは、どこにでも自由に行かれます。

さぁ、このへんで今回はおしまい。みなさま、お楽しみいただけたでしょうか。ご案内は、ベルリン在住ライターの久保田由希でした。

 

久保田 由希

東京都出身。小学6年生のとき、父親の仕事の関係で1年間だけルール地方のボーフムに滞在。ドイツ語がまったくできないにもかかわらず現地の学校に通い、カルチャーショックを受け帰国。大学卒業後、出版社で編集の仕事をしたのち、フリーライターとなる。ただ単に住んでみたいと、2002年にベルリンへ渡り、そのまま在住。書籍や雑誌を通じて、日本にベルリン・ドイツの魅力を伝えている。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。新刊『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)。散歩、写真、ビールが大好き。

Blog : http://www.kubomaga.com

Twitter : https://twitter.com/kubomaga

Facebook : https://www.facebook.com/yuki.kubota.900

久保田 由希