ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Floh ins Ohr setzen

IMG_0265

【今週のドイツ語】Floh ins Ohr setzen

今日紹介するのは

(jemandem einen) Floh ins Ohr setzen

フロー インス オーア ゼッツェン

 

直訳で、(誰かの)耳にノミを入れる です。

耳にノミなんて気持ち悪っ!って感じですが、耳に入れることから、なんとなく何かを吹き込むイメージがわきませんか?

 

これは、一度聞いたら頭から離れなくなってしまうような、狂った、バカバカしい、くだらない話やアイディアを吹き込む、ということなんです。

ノミを耳に入れられた人は、ずーっとその話をしたり、そのことばかりを考えてしまい、居ても立っても居られないんです

 

例えば、

「友達が、『あなたの子はかわいいから絶対子役スターになれるよ!』って耳にノミを入れてくるんだよね。。オーディション受けさせるべき?いやいやあり得ない…」

「卒業したら就職しようと思ってたけど、やっぱり何か会社作っちゃおうと思ってる!意外と起業って結構うまくいくらしいよ」「待って、一体誰に耳にノミを入れられたの?一度落ち着いて考えなよ!」

 

こんなふうに使います。

この表現、すでに17世紀には使われていたようで、歴史の長ーい言い回しなんです。

 

今週のドイツ語

©ドイツ大使館

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館

大使館スタッフ