ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

ドイツ郷土料理図鑑 【西部ドイツ編】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドイツ郷土料理図鑑 【西部ドイツ編】

みなさま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年もドイツの美味しいものをたくさん伝えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

さて2019年1回目の『美味しいドイツを伝え隊』は、ドイツ郷土料理図鑑シリーズの西部ドイツ編(地図の黄色の部分)をお送りします。

areamap1

経済の中心フランクフルトを有するヘッセン州、デュッセルドルフやケルンといった商業都市が集まるノルトライン・ヴェストファーレン州は人口密度が高く活気ある地域。ライン川流域やプファルツ地方はワインの名産地ということもあって、西部はドイツの中でも比較的グルメ志向が高い地域です。

以下、※地域ブランドとあるのは、EUの地理的表示保護制度により地域特産品として登録商品となっているものです。

 

フランクフルター・ヴルスト Frankfurter Würst
 

お馴染みのゆでソーセージ、フランクフルター。外はパキっと中はジューシー。

お馴染みのゆでソーセージ、フランクフルター。外はパキっと中はジューシー。



日本でもフランクフルトとしておなじみのソーセージはその名のとおりフランクフルト発祥。19世紀初期になるとオーストリア人の職人がウィーンに伝え、合いびき肉を使ったウィンナー(Wiener)として世界に広まりました。現在フランクフルター・ヴルストを正式に名乗れるのはフランクフルトおよび周辺で作られたソーセージのみ。通常は茹でて食べられます。

※地域ブランド

 
フランクフルター・グリューネゾーセ Frankfurter Grüne Soße
 

ドイツ版七草を使ったグリーンソースはゆで卵やポテトとともに。

ドイツ版七草を使ったグリーンソースはゆで卵やポテトとともに。



ドイツ版春の七草、7種のハーブ(パセリ、あさつき、チャービル、クレソン、ルリチシャ、スイバ、ミツバグサ)にサワークリーム、マスタード、ゆで卵などを混ぜて作るフランクフルト名物。同地出身の文豪ゲーテも大好物だったそうです。春夏が旬で「緑の木曜日」と呼ばれる復活祭直前の木曜日に食べるのが伝統とされています。

※地域ブランド

 
フランクフルター・リップヒェンFrankfurter Rippchen
 

分厚い豚肉を塩漬けにしたリップヒェン。ボリューミーだけど意外にあっさり。

分厚い豚肉を塩漬けにしたリップヒェン。ボリューミーだけど意外にあっさり。



フランクフルトの名物料理。骨付き豚のあばら肉を塩漬けにし、ボイルまたはグリルしたもの。ボリュームある1品ですが味付けがシンプルなので意外とあっさり。付け合せはザワークラウトとマッシュポテトが定番です。

 
ハントケース・ミット・ムジークHandkäs mit Musik
 

とりあえずの1品がこれ。独特の強い匂いはアップルワインと相性抜群!

とりあえずの1品がこれ。独特の強い匂いはアップルワインと相性抜群!



フランクフルトの名物ドリンク、アップルワインに合わせるおつまみの定番。キャラウェイ風味にマリネされた玉ねぎと一緒に食べる小さなチーズで、独特の匂いが特徴です。玉ねぎをたくさん食べるとおならが出やすいことからこの名称(音楽を奏でる手チーズという意味)になったそう。

 
プフェルツァー・ザウマーゲンPfälzer Saumagen
 

じゃがいもや玉ねぎ入りで食べごたえたっぷりのザウマーゲン。

じゃがいもや玉ねぎ入りで食べごたえたっぷりのザウマーゲン。



豚の胃袋にソーセージとじゃがいも、玉ねぎを詰めハーブやスパイスを加えて鍋で煮込んだもの。通常はスライスし両面を焼いて食べます。コール元首相の地元プファルツ地方の名物で、首相時代に世界の首脳を招きふるまったのは有名な話です。

 
ライニッシャー・ザウアーブラーテンRheinischer Sauerbraten
 

じっくり煮込んだ柔らかい肉にコクのあるソースがたっぷり!

じっくり煮込んだ柔らかい肉にコクのあるソースがたっぷり!



酢や赤ワイン、スパイスなどでマリネした牛肉の蒸し煮。ザウアーブラーテンは国民的料理でドイツ全土で食べられますが、ライン風はソースにレーズンが入っていて伝統的に馬肉で作られることもあります。じっくり煮込まれた肉はとても柔らか!付け合せはじゃがいものお団子クヌーデルが定番です。

 

ドイツ西部は一括りにできないほど州や地域によって個性があり、食文化も多様。気軽な居酒屋やビアホール、ビストロに高級レストラン まで美味しいお店が豊富なので、ぜひいろんな町のグルメを楽しんでくださいね。

次回はドイツ郷土料理図鑑、西部の名物ドリンク&スイーツ編をお送りする予定です。お楽しみに!

 

坪井由美子

日本では「食」に関する仕事(マーケティング、商品開発、店舗プロデュース、テレビ・ラジオへの情報提供及び出演。雑誌やウェブでの執筆など)に携わる。テレビ東京『テレビチャンピオン・甘味王選手権』で3度優勝。 2003年よりドイツに拠点を移しフリーライターとして活動。各地を取材で飛び回り王道観光地から穴場のおもしろスポット、ライフスタイル、最新トレンドなどリアルなドイツ事情を新聞、雑誌、ウェブメディアで発信。人生のテーマは、旅と食と人。自他ともに認める食いしん坊です。 総合情報サイト「オールアバウト」ドイツガイド担当 / ドイツ発フリーペーパー「ドイツ・ニュースダイジェスト」で『食いしん坊のための簡単おいしいレシピ ~Locker! & Lecker!~』連載中

Twitter : https://twitter.com/realdoitsu

Facebook : https://www.facebook.com/realdoitsu

坪井由美子