ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

『難民キャンプで日本人がボランティアをして感じたこと』

IMG_E4936

『難民キャンプで日本人がボランティアをして感じたこと』

こんにちは!

街中で着々と設営が進められているクリスマスマーケットを見て既に気持ちが高まっている藤井里奈です。

突然ですが、留学をしていると「日本とドイツの違い」について聞かれることがよくあります。文化的な違いを挙げればキリがないのですが、国家レベルの大きな違いとして『難民の受け入れ態勢』が挙げられると私は考えています。

―“140915” と “27”―

 この数はドイツと日本で2015年に難民として認定された人数を表しています。その差は5219倍。第二次世界大戦で同じ敗戦国になりながら急速な発展を遂げてきた両国に共通することはたくさんあるのに、難民の受け入れ態勢には大きな違いがあります。そこで、ドイツの難民受け入れという日本にはない一面をこの目で確かめてみたいと考え、今年から留学先のハイデルベルクの近くにある難民キャンプでボランティアに参加しています。

 難民キャンプというといわゆる仮設テントを思い浮かべる方が日本には多いと思いますが、私がボランティアを行なっているところは、第二次大戦後にアメリカ兵とその家族が居住していた住宅施設一帯です。ここはさながら小さな村のようになっていて、中には共同のジム、シャワールーム、コインランドリー、売店などが揃っており、24時間常駐の医師やボランティアスタッフと共に約1500人の難民が生活しています。元々ホテルだった建物は女性棟として夫を亡くした女性と子供達が生活しています。食事は毎食配給され、衣類はドイツ各地から届く寄付が難民の手に渡ります。初めて施設に案内された時、イメージしていた難民キャンプよりも遥かに整然とした施設環境に圧倒されました。さらに驚くべきはこれらの施設の運営のほぼ全てがドイツ国内の企業による支援とボランティアによって成り立っているという点でした。

 私が施設で行なっている活動は青少年対象のドイツ語教室、及び女性専用のカフェでドイツ語を教えることです。これらの2つの教室は毎日午前10時~12時まで開いており、これもまた日替わりのボランティアによって成り立っています。

 難民によってドイツ語のレベルは本当にバラバラです。ドイツ語で難なくコミュニケーションを取れる人もいれば、英語を交えながらなら理解し合える人、あるいは母国で学校に通えないまま識字能力のない人もいます。さらにドイツ語に対するモチベーションにもばらつきがあります。必死になって授業中にメモを取る人もいれば、慣れない環境へのストレスによる体調不良で最後まで授業に参加できない人もいます。今まで教育分野に一切触れてこなかった私にとって、彼らとコミュニケーションをとることは本当に難しく、日々その方法を模索している状態です。

 彼らが命の危険から逃れるためにドイツにやってくることになった経緯の中には、日本からやってきた私にとっては想像もつかないような壮絶なストーリーが多く、未熟な私が彼らに何と言葉をかければいいのかも分からず、もどかしい思いをすることがよくあります。それでも彼らは毎回授業の終わりになると私のところへ寄ってきて、習いたてのドイツ語で「Danke(ありがとう)」と言ってくれます。また、難民施設に来た頃は表情も暗かった子が、ドイツ語を交えたゲームをしたりしているうちに笑顔になっていたり、心が温まる瞬間もたくさんあります。

 コツコツとドイツ語を学んでいる彼らですが、もちろん一番良いのは母国に帰って元の生活に戻ることです。しかし彼らが命がけでドイツまでやって来たのにはそれ相応の理由があったからであり(不法難民もいますが)母国に帰れる状況ではありません。彼らがこのままドイツに残ることになった時、ドイツ社会で仕事を見つけ自立した生活ができるようになるまでにはあとどれだけの時間と支援が必要なのだろう…と考えると途方にくれてしまいます。難民認定の手続きを終え、市内に住居を確保した難民はドイツ政府から月々約330~370ユーロが支援され、働きながらドイツ国内で生活を営むことになるそうです。

 これだけ多くの難民の人命に責任を持ち、彼らの未来に対し多大な支援をし続けるドイツの国家の在り方は、複雑なグローバリゼーションが進む現代において、異文化の壁を越えた世界のリーダーとしての理想的な姿だと感じました。もちろん理想を実現するのは容易いことではなく、ドイツ国内で難民の受け入れに対する反発の声が根強いのも事実です。難民の受け入れに必要となる資金や労力はドイツの内政に使うべきだという意見や、難民がドイツの治安悪化を招くといった反対意見も周知の通りです。市民と難民がお互いを尊重し合いながら共生することの難しさは、私自身もボランティアに参加すればするほど目に見えてきます。しかし、ユダヤ人大量虐殺という悲惨な過去と真摯に向き合ってきたドイツだからこそ、今までどの国も成し遂げてこなかった難民と市民が共栄できる新しい社会の構築を実現して欲しいと願っています。

 日本にいると難民問題はどうしても他人事のように感じてしまいます。だからといって、今すぐ日本も難民を大量受け入れるべきだ、などと無茶なことを言いたいのではありません。しかし、近隣諸国のフィリピンでIS系勢力が台頭していることや、北朝鮮と近隣諸国の今後の動向によって、いずれ日本でも難民と共生する社会が求められる時がやってくるかもしれません。そのような時に島国で異文化への免疫があまりない日本で混乱を起こさないためにも、難民問題で舵をとるドイツの行く末をしっかりと見守っていく必要性があると思います。

藤井里奈

上智大学ドイツ語学科学生チーム

上智大学外国語学部ドイツ語学科在籍中の大学2年生(2018年1月現在)。
栗田菜奈 (2017年秋学期から2018年春学期までKöln留学)
藤井里奈(2017年秋学期から2018年秋学期までHeidelberg留学)
吉野匠(2017年秋学期Nürnberg留学。2018年春学期はBerlin留学)
みお(2017年秋学期から2018年春学期までFreiburg留学)

上智大学ドイツ語学科学生チーム