ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

ザクセンのワイナリーめぐり2【シュロス・ヴァッカ―バルト】

ヴァッカーバルト2

ザクセンのワイナリーめぐり2【シュロス・ヴァッカ―バルト】

ザクセン州立醸造所『シュロス・ヴァッカーバルト』を訪ねて

 

ドイツ最北東のワイン生産地域、ザクセンのワイナリーめぐり。前回はドレスデン近郊の町ラーデボイルのザクセンワイン街道案内所も兼ねる醸造所『ホーフレスニッツ』を訪ねました。

次に訪れたのは、同じ町にあるもう1つの有名ワイナリー『シュロス・ヴァッカーバルト Schloss Wackerbarth』(以下ヴァッカーバルト)。

シュロス(城)という名のとおり、ここはまさにお城です。

アウグスト強王時代に設立されたバロック様式のお城を望む

アウグスト強王時代に設立されたバロック様式のお城を望む



その歴史は1730年にザクセン選帝侯、アウグスト強王の側近だったアウグスト・クリストフ・フォン・ヴァッカーバルト伯爵がこの地にお城を建てたことに始まります。アウグスト強王は大のワイン好きだったそうで、ブドウ栽培は彼の望みを叶えるものでもありました。ヴァッカーバルト伯爵の死後は所有者が次々と変わり、現在はザクセン州立の醸造所となっています。

 

欧州で一番最初に“開かれた”ワイナリー

 

ヴァッカーバルトは欧州で一番最初に一般公開されたワイナリーで、ザクセン最大規模というブドウ畑や美しい庭園を散歩したり、敷地内にあるワインショップやレストランを誰でも自由に利用可能。ドレスデンからトラム(路面電車)で約30分(最寄りの停留所名は『Schloss Wackerbarth』とわかりやすい!)とアクセスしやすく、観光客も大勢やってきます。

ブドウ畑の中に建つシンボル「ヴェルベデーレ」

ブドウ畑の中に建つシンボル「ヴェルベデーレ」



ブドウ畑の中に建つ八角形の建物はヴェルベデーレと呼ばれるヴァッカーバルトのシンボル。結婚式やイベント会場として人気なのだそう。その向かいに建つのバロックスタイルのシュロス(城)を貸し切ることもできます。ブドウ畑に囲まれたお城でウェディングなんてロマンチックですねえ。。。

 

急な斜面につくられた畑は日照量が十分に確保できる

急な斜面につくられた畑は日照量が十分に確保できる



ヴァッカーバルトのブドウ畑は急な斜面につくられているため、ブドウ栽培に必要な日照量を十分に確保することができるそう。栽培品種はリースリングのほか、トラミナーやヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)など。畑の上の方にあるヤコブシュタインまで上っていくと、ぶどう畑とお城、ラーデボイルの街が一望できます。

レストランの料理も美味しい!ケーキやお茶も楽しめます。

レストランの料理も美味しい!ケーキやお茶も楽しめます。



 

 ワインセラー見学とテイスティング

 

ヴァッカーバルトではワインセラーの見学や試飲ができるガイドツアーが各種用意されています。映像を交えながらわかりやすく説明してくれるのでワイン初心者でも楽しめます。

リースリングのタンクは音楽と光を与えて発酵させる

リースリングのタンクは音楽と光を与えて発酵させる



リースリング種の発酵作業が行われている3つのステンレスタンクの説明では、音楽とともにタンクの色が3色に輝いてびっくり!リースリングには個性の違う3つの発酵槽があり、それぞれの個性を尊重しハーモニーを感じるワインをつくるために音楽と光を与えることにしたのだとか。なんとも面白い発想に感服!スタッフのホスピタリティの高さといい、つくづくワイン造りへの情熱と愛を感じるワイナリーです。

最後はお待ちかねのテイスティング!

写真右からロゼ、リースリング・シュペートレーゼ、ゴールドリースリング

写真右からロゼ、リースリング・シュペートレーゼ、ゴールドリースリング



今回試飲したのは華やかなロゼ、リースリングのシュペートレーゼ、ゴルトリースリング(ゴールドリースリング)。シュペートレーゼはヴァッカーバルトの畑のなかでも最も古いテラス状の畑のブドウを使っているということで、熟した果実のような複雑で重厚な味わいが感じられました。そしてハイライトのゴルトリースリングは……おいしすぎて絶句!かのクナイプ博士も推奨したというゴルトリースリングはザクセンならではのワイン。行かれる方はぜひとも味わってみてください!!

 

ザクセン最古のゼクトを味わう

 

じつはヴァッカーバルトはザクセンで最古のゼクト(スパークリングワイン)生産者でもあり、生産量の8割をゼクトが占めています。

写真奥の方にあるのがゼクト。シャンパーニュと同製法で醸造している。

写真奥の方にあるのがゼクト。シャンパーニュと同製法で醸造している。



ここのゼクト造りはタンク内で発酵させるのではなく、フランスのシャンパーニュと同じく瓶内二次発酵で醸造。ボトルを少しずつ回転させながらオリを瓶口に集める伝統的手法で手間暇かけて造られています。

 

ラファエルの天使(原画はドレスデンの美術館所蔵)ラベルのゼクトが人気

ラファエルの天使(原画はドレスデンの美術館所蔵)ラベルのゼクトが人気



アウグスト強王やかの有名なラファエル作エンジェルラベルのゼクトは、味はもちろん、デザインも素敵なのでお土産にも大人気。ドレスデンのレストランやバーでも置いてあるところが多いので、見かけたらぜひ試してみてください。

■シュロス・ヴァッカーバルト公式サイト
https://www.schloss-wackerbarth.de/

坪井由美子

日本では「食」に関する仕事(マーケティング、商品開発、店舗プロデュース、テレビ・ラジオへの情報提供及び出演。雑誌やウェブでの執筆など)に携わる。テレビ東京『テレビチャンピオン・甘味王選手権』で3度優勝。 2003年よりドイツに拠点を移しフリーライターとして活動。各地を取材で飛び回り王道観光地から穴場のおもしろスポット、ライフスタイル、最新トレンドなどリアルなドイツ事情を新聞、雑誌、ウェブメディアで発信。人生のテーマは、旅と食と人。自他ともに認める食いしん坊です。 総合情報サイト「オールアバウト」ドイツガイド担当 / ドイツ発フリーペーパー「ドイツ・ニュースダイジェスト」で『食いしん坊のための簡単おいしいレシピ ~Locker! & Lecker!~』連載中

Twitter : https://twitter.com/realdoitsu

Facebook : https://www.facebook.com/realdoitsu

坪井由美子