ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

どうしたシャルケ?!

ⒸGerman Embassy Tokyo

ⒸGerman Embassy Tokyo

どうしたシャルケ?!

ブンデスリーガ第5節はエングリッシェ・ヴォッヘ(englische Woche、英国週間)で週の半ばに開催。
前節、病気で欠場した大迫選手のブレーメンはホームでホッフェンハイムと対戦。
終始リードを保ち3対1で勝利。
大迫選手は先発フル出場。


開幕4連勝のバイエルンはホームでアウグスブルクと対戦。
試合終了間際にかつてバイエルンに在籍したフェリックス・ゲッツェ選手(ドルトムントのマリオ・ゲッツェ選手の弟)に同点ゴールを決められ引き分け。


浅野選手と原口選手のハノーファーはホームでホッフェンハイムと対戦。
終始リードされ1対3で敗戦。
浅野選手は後半65分から出場。
原口選手はベンチ外。


昨シーズン2位のシャルケはここまで全敗。
今節は敵地でフライブルクと対戦。
試合開始早々にシャルケが猛攻撃を仕掛けるもキーパーの好セーブやポストがゴールを阻む。
キーパーが弾いたボールをシュートし先制ゴールと思われたがオフサイドで無効になるなどついてない・・・
そしてサイドが代わった後半は、同じ様に今度はフライブルクがキーパーが弾いたボールをゴールし、こちらはシュートが認められフライブルクが先制。
試合はこのまま終了しシャルケ開幕5連敗。
ライバルのドルトムントファンのライナーは、かつてドルトムントも同じ様な経験をしたことを例にして「これがサッカー」と冷静に語る。
次節、光明が差すか!?


宇佐美選手のデュッセルドルフはホームでレバークーゼンと対戦し1対2で敗戦。
宇佐美選手は後半74分から今季初出場。


香川選手のドルトムントは久保選手のニュルンベルクと対戦。
試合は取るも取ったり合計7点の大量得点でドルトムントが大勝!
香川選手は後半62分から出場。
久保選手は先発して後半86分に交代。


長谷部選手のフランクフルトは敵地でメンヒェングラードバッハと対戦。
前半を0対0で凌いだものの後半得点を許し3対1で敗戦。
長谷部選手は先発フル出場。


ブンデスリーガ チームと都市(2018-19シーズン)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)



情報源:
ブンデスリーガ公式日本語ウェブサイト bundesliga.com/jp
kicker.de kicker.de

(27. September 2018)



「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog