ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

『ドイツのディズニーリゾート!? ヨーロッパ人気第一位のテーマパークとは』

36804551_1481278165352003_1218368504026103808_n

『ドイツのディズニーリゾート!? ヨーロッパ人気第一位のテーマパークとは』

こんにちは!

7月に入り、段々迫ってくる期末試験の恐怖に追われている藤井里奈です。

約一年半あった私のハイデルベルクでの留学生活も気付けば半分以上が過ぎ、残すところあと半年となってしまいました。このまま永住したいと何度も思うくらいたくさんの素敵な出会いとドイツならではの貴重な経験に恵まれ、充実した留学生活を過ごすことができています。

SNSの普及で簡単に電話やメッセージを送ることができるようになった現代では、(それとも私の性格上かはわかりませんが)ホームシックになることもまずありません。唯一恋しくなるとしたら日本食やペットくらいです。あとは東京出身の私にとって「あればいいのにな~」と願ってやまないのが『ディズニーリゾート』です。半年に一回は行っていたディズニー。ディズニーのモデルとなったヨーロッパの街並みの“本場”はこちらのはずなのに、あのライトアップされたパーク壮大なショーの数々恋しくなる時があるのです。

そんなある時、ハイデルベルク大学で共に学んでいる友人に突然言われた一言。「今週末天気が良いみたいだから“Europapark(ヨーロッパパーク)”に行こうよ!」…ドイツ語でPark(パーク)は公園という意味なので、ハイデルベルクの近くにある公園のことでも言っているのかと思っていたのですが、よくよく調べたらなんとヨーロッパで第一位の人気を誇るテーマパークだということが発覚しました。

ハイデルベルクからバスもしくは電車で約2時間、フライブルクの少し北寄り、フランスの国境付近のルストという街にあります。日帰りで行くこともできますが、パーク内にはいくつかのホテルも併設してあります。入場料は大人は49.50ユーロ(冬は44.50ユーロ)4歳から12歳までの子供は42.50ユーロ(冬は37ユーロ)です。

パークに着くと早々に感じるのが、まさにディズニーリゾートに来たかのような高揚感。パークのどこに行ってもそれぞれに合った音楽がかかっていて常にワクワクすることができます。

パークの入口

パークの入口



36860387_1481278255351994_7761573793037811712_n

 

 

 

 

 

 ヨーロッパパークはヨーロッパの国々テーマにした13個のエリアと、そこに併設する72個のアトラクションから出来ています。面積は95万㎡で、ディズニーランドとディズニーシーの二つのパークを合わせたぐらいの大きさで、かなり広いです。

「ギリシャ」 突然の天気の悪さはドイツ独特

「ギリシャ」
まるでパルテノン神殿?



「スペイン」 スペインならではのバルなどもあります

「スペイン」
スペインならではのバルなどもあります



 

 

 

 

 

「イタリア」 大きな湖に色とりどりな建築物

「イタリア」
大きな湖に色とりどりな建築物



「オーストリア」 いかにもオーストリアっぽい山小屋

「オーストリア」
チロル地方風の小屋



 

 

 

 

レストランやカフェもそれぞれの国に合わせた料理が提供されています。

ギリシャで友達と食べたお昼ごはん

ギリシャで友達と食べた お昼ごはん



 

 

 

 

 

 

テーマパークの要ともなるジェットコースターの数は13個あります。パークが大きいからかディズニーほどの混雑に出くわすことなく、私たちは一日でその半分のジェットコースターを体験できました。スリル度はディズニーと富士急ハイランドのちょうど真ん中といった具合です。

「ロシア」 現代的なジェットコースター

「ロシア」
現代的なジェットコースター



 

 

 

 

 

 

もちろん子供やお年寄り向けのアトラクションもたくさんあり、幅広い年代の方々が訪れていました。

「アイルランド」 子供が遊べるアスレチック

「アイルランド」
子供が遊べるアスレチック



「イギリス」 名物の赤いバスも小さなアトラクションに

「イギリス」
名物の赤いバスも小さなアトラクションに



 

 

 

 

 

 

パークの致るところに咲く花々によって散歩をしているだけで楽しめます。驚くべきはペットの連れ込みが可能で、ワンちゃんも一緒にお散歩ができるという点です。

 

36773767_1481278175352002_140408519630258176_n36904529_1481278048685348_500081179920171008_n

 

 

 

 

 

 また、パーク内にはまるでディズニーのモノレールを連想させるような乗り物も走っています。

36804551_1481278165352003_1218368504026103808_n

 

 

 

 

 

 

さらには馬まで!?

さらには馬まで!?



突然のスポーツバー

突然のスポーツバー



 

 

 

 

 

 パーク内はとても清潔でディズニーリゾートに劣っていません。ディズニーで有名なあのキャラクターまで!?と思ったらどうやらヨーロッパパーク独自のキャラクターだったようです。どうしてわざわざネズミにしたのでしょう(笑)ヨーロッパパーク自体は想像していたよりもお客さんが多く、賑わっていたのですが、Euromaus(オイロマウス)くんは少し寂しそうにこちらを見ていました。

36806956_1481278088685344_1774536936015265792_n

 

 

 

しかし、ヨーロッパパークにおける一番の衝撃はなんとパークが18時には閉園するということです。遊園地と言えば日暮れになるほどイルミネーションによって一番輝く時間かと勝手に思い混んでいたのですが、どうやらドイツでは遊園地でも節電や従業員の負担を優先するようです。日が長い夏では18時というとまだ明るく、まだ帰りたくないと心残りになります。「また来たい!」と思わせる戦略でしょうか…。

36798338_1481278012018685_8971307351214653440_nここまで紹介してきたヨーロッパパークの魅力は伝わったでしょうか!?一番近くてもパリまで行かないと味わえないだろうと思っていたディズニーで味わえるような高揚感を実はこんな近くで味わうことができるだなんて思ってもいませんでした。今回私たちは時間がなくて見ることができませんでしたがパーク内には質の高いショー(特にアイススケートショーが人気なのだとか)も見ることができます。今回の初訪問で「次回は泊まりがけで行きたい!」という気持ちにさせられました。

 

ドイツでも夏になり天気の良い日が続いています。プールやBBQなどの王道な過ごし方も良いですが、たまには気晴らしに少し違った夏の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

 

藤井里奈

 

 

 

 

 

上智大学ドイツ語学科学生チーム

上智大学外国語学部ドイツ語学科在籍中の大学2年生(2018年1月現在)。
栗田菜奈 (2017年秋学期から2018年春学期までKöln留学)
藤井里奈(2017年秋学期から2018年秋学期までHeidelberg留学)
吉野匠(2017年秋学期Nürnberg留学。2018年春学期はBerlin留学)
みお(2017年秋学期から2018年春学期までFreiburg留学)

上智大学ドイツ語学科学生チーム