ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

Kopfball(コプフ バル)

©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo

Kopfball(コプフ バル)

©UEFA

©UEFA



初戦を落としたバイエルンが決勝進出を目指して敵地に乗り込んだチャンピオンズリーグ準決勝第2戦。
この試合もキミッヒ選手のゴールでバイエルンが先制するもすぐに追いつかれ同点で後半へ。
後半に入ると早々にレアルのプレッシャーにGKのウルライヒ選手が味方のバックパスに手で対応しようとしてしまい、慌ててキックでかわそうとするも抜かれて勝ち越しを許す。
その後ハメス選手のゴールで同点に追いつくも勝ち越すことができず引き分けで試合終了。
2試合合計1点差でバイエルン、トリプレの夢は潰える・・・=T_T=


ブンデスリーガ第33節は9試合同時キックオフ!
ケルンの2部降格が決まり、もうひとつの降格チームと16位の2部との入替戦チームに注目が集まるし、来季のCL、ELの出場権争いにも注目。

14位とはいうものの16位の可能性を残す武藤選手のマインツはCL出場権がかかる香川選手のドルトムントと対戦。
試合はマインツが先制し、武藤選手のヘディングシュート(Kopfball)で追加点。
ドルトムントも1点を返すもそのまま終了。
マインツは武藤選手の活躍で1部残留決定❗️
武藤選手は先発して後半87分に交代
香川選手はベンチ外。
⚽️武藤選手8号(13分)


またドルトムントは元代表GKヴァイデンフェラー選手が現役引退を表明。
お疲れ様でした=^_^=


勝ち続けることを義務付けられた高徳選手と伊藤選手のハンブルクは長谷部選手と鎌田選手のフランクフルトと対戦。
試合は伊藤選手のゴールでハンブルクが先制!と思われるもオフサイドでゴール無効。


そして逆にフランクフルトに先制されてしまい、その後も追加点を与えてしまう。
ハンブルクは追いつくことすらできず完敗。
これで自力での残留は不可能となる・・・
ただ16位のヴォルフスブルクも敗れた為、最終戦で勝ってヴォルフスブルクが敗れれば16位の入替戦出場となり、1部残留の道は残される。
(最終戦に勝利してヴォルフスブルクが引き分けで勝ち点は並ぶけど、得失点差が10ビハインドなのでこのケースは16位の可能性ほぼ無し)
次節最終戦、ハンブルクは「謎の残留力」を発揮することができるか!?
高徳選手は後半80分に交代。
伊藤選手は前半で交代。
長谷部選手はペナルティで試合に出場できず。
鎌田選手はベンチ外。


浅野選手のシュトゥットガルトはホッフェンハイムと対戦。
イケメン♡ゴメス選手の2ゴールでシュトゥットガルトが快勝。
ゴメス選手加入以来出番が激減の浅野選手はまたもベンチ外。


来季の2部降格が決まった大迫選手のケルンは地元で王者バイエルンと対戦。
相手オウンゴールでケルンがリードして迎えた後半、王者バイエルンはじわじわと得点を重ね1対3で逆転勝ち。
大迫選手は出番無し。


今節は珍しく順位の入れ替わり無し!

ブンデスリーガ チームと都市(2017-18シーズン)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)



女子ブンデスリーガは第17節の残り試合が行われたので結果をびって⚽️

©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



女子ブンデスリーガ チームと都市(2017-18シーズン)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)



情報源:
ブンデスリーガ公式日本語ウェブサイト bundesliga.com/jp
kicker.de kicker.de
DFB(ドイツサッカー連盟)ウェブサイト dfb.de

(06. Mai 2018)






「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog