ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

DFB-Pokal(デーエフベー・ポカール)

©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo

DFB-Pokal(デーエフベー・ポカール)

DFBはDeutsche Fußball-Bund e.V.(ドイツサッカー連盟)の頭文字(因みにe.V.はeingetragener Verein(登記社団)の略)。
そしてPokalは「カップ、優勝杯」なのでドイツサッカー連盟杯。
日本の天皇杯の様な所謂「カップ戦」で、報道では「DFB杯」とか「ドイツカップ」と表記。
今季のドイツ男子サッカークラブのフィナーレ、DFBポカール決勝戦が19日ベルリンのオリンピアシュタディオンで行われたんだ。
決勝に残ったのはリーグ戦王者のバイエルンと2年連続で決勝に進んだ長谷部選手と鎌田選手のフランクフルト。


試合前から大注目の試合のポイントをいくつか挙げると・・・
・ 今季劣勢からバイエルンを見事立て直しリーグ6連覇を達成したハインケス監督の最終戦
・ 相手のフランクフルトのコバチ監督は来季バイエルンを指揮
・ リーグ戦をペナルティから出場停止だった長谷部選手の復活
・ 負傷で長く戦列を離れていたノイアー選手のベンチ入り


などなど・・・

最初のチャンスはバイエルン。
ポーランド代表レヴァンドフスキ選手がフリーキックで直接ゴールを狙うもボールはポストに阻まれる。
するとフランクフルトがクロアチア代表レビッチ選手のゴールで先制。


後半バイエルンがポーランド代表レヴァンドフスキ選手のゴールで同点に追いつき同点のまま終盤へ。


フンメルス選手のヘディングがこれまたポストに嫌われ勝ち越しを逃したバイエルン。
すると82分に先制点を挙げたレビッチ選手が再びゴールを決めてフランクフルトが勝ち越し。


試合最終盤、アディショナルタイムにバイエルン同点に追いつくラストチャンス。
GKウルライヒ選手も攻撃に参加したコーナーキックは、逆にボールを奪ったフランクフルトがカウンター。
途中出場のセルビア代表ガチノヴィッチ選手が敵陣めがけて高速ドリブル。
ズューレ選手らバイエルンDF陣は追いつけず無人のゴールにボールを流し込み試合終了!


フランクフルトは30年ぶりにDFBポカール優勝!
長谷部選手は先発フル出場で優勝に貢献。


鎌田選手はベンチ外。
ノイアー選手は出番無し。


©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo




ⒸDFB

ⒸDFB



そして女子もDFBポカール決勝がケルンで行われ、ヴォルフスブルクとバイエルンが対戦。
試合は延長戦にもつれ込むも両者スコアレスで遂にPK戦。
結果3対2でヴォルフスブルクがポカール4連覇を達成⚽⚽⚽⚽


バイエルンは男女ともに準優勝・・・


リーグ戦も優勝しているヴォルフスブルクはトリプレをかけて24日リヨンとのチャンピオンズリーグ決勝に挑む!
がんばれー!トイトイトイ=^_^=
情報源:
ブンデスリーガ公式日本語ウェブサイト bundesliga.com/jp
kicker.de kicker.de
DFB(ドイツサッカー連盟)ウェブサイト dfb.de

(21. Mai 2018)






©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



『わたしのドイツ 2018』作品募集中! ⇒ https://japan.diplo.de/ja-ja/aktuelles/-/2072658
「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog