ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

バウムクーヘン工場訪問

©GK Osaka-Kobe

©GK Osaka-Kobe

バウムクーヘン工場訪問

ドイツ総領事館に居候しているリョウちゃんからメールが届いたよ♪
今日の話題は・・・=^_^=




ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州から来日したデリゲーションに同行したケーラー総領事。
「ここに行ってきたんだよ!」と、示したこの衝撃の写真!

白衣に身をまとい、帽子とマスクの間から見える目は確かにケーラー総領事!

って、それよりも背景のこの大量のバウムクーヘンは一体!?

興味津々で聞くと、バウムクーヘンをはじめドイツのお菓子で有名な製菓会社ユーハイムさんの愛知県安城市にある中央工場を訪問したんだそう!
この中央工場は日本各地にある8つの工場のうちの1つで、繁忙期には約500人が働く巨大工場!
最近の工場はオートメーション化され、人の姿は殆ど見当たらないって聞くけど、機械化されたこの工場ではたくさんの人が働いているんだ。
©GK Osaka-Kobe

©GK Osaka-Kobe


みんなが知っているバウムクーヘンはすでにカットされた形だけど、その前の棒状のバウムクーヘンはちょっと波打ってるって知ってた?
ユーハイムの工場ではこのビミョーな凹凸を職人が1つずつ、くし状の器具を使って作ってるんだって。
そしてこのバウムクーヘンを木の芯から抜いて、紙をはがすのも人の手で。(カットは機械ですけど・・・)

今回の訪問ではユーハイムの河本会長が直々に工場を案内。
河本さんのお父さんは会社の発展に活躍された方で、河本さんご自身は子どもの頃、創業者カール・ユーハイムさんの奥さんのエリーゼさんにかわいがってもらったんだって。

ドイツにとても詳しい河本さんは、ドイツ南西部出身のケーラー総領事が、
「正直言って日本に来るまでバウムクーヘンのことは知りませんでした」
と話すと、
「ドイツでも、バウムクーヘンが食べられているのは限られていて、例えばこの地域で・・・」
と、すごく小さな町のことまで紹介しながら解説。
©GK Osaka-Kobe

©GK Osaka-Kobe


ユーハイムにはドイツのマイスターの資格を持つ人が6人いて、そのうち3人がこの中央工場で働いているんだ。
マイスターの厳しい品質管理の下、いつもおいしいバウムクーヘンが作られてるんだね!

(04. März 2018)



「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog