ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

【今週のドイツ語】Extrawurst

Extrawurst

【今週のドイツ語】Extrawurst

もう何度も言っていますが・・・

ドイツといえばソーセージ!だけじゃないんです。

他にも色々あるんです。

 

が、

 

やはりソーセージはドイツ人の生活から切っても切れないもの・・・

ソーセージを使ったドイツ語の表現を幾つか紹介してきましたが、

今日も懲りずにもう1つご紹介します。

 

Extrawurst

エクストラヴルスト

 

Extra はわかるでしょうか。特別な、特例の、とか、おまけの、といった意味があります。

Wurstは何度も言いますがソーセージ。ちなみに、女性名詞です。

 

では特別なソーセージとは一体何でしょう。

特大ソーセージか、異常に長いソーセージか…

実はこれ、ソーセージの種類の話ではありません。

 

例えば、どんなシチュエーションかわかりませんが…

もし皆はソーセージ1本なのに、自分だけ特別におまけのソーセージをもらえたら、うれしいですよね?

そして周りの皆にはきっと、妬まれてしまいます。

逆に、誰かが特別なソーセージをもらっているのに、自分だけもらえなかったら… 僻んでしまいます。

 

つまり、

誰かに特別なソーセージをあげる(jemandem eine Extrawurst braten)のは、誰かを贔屓する特別扱いする、ということ。

逆に、 特別なソーセージをもらう(eine Extrawurst bekommen/ kriegenのであれば、贔屓される特別扱いされる、という意味になります。

 

学校の先生や職場の上司の、その他諸々の皆さん、

変な争いを避けるためにもソーセージは平等に分けましょうね!

 

©ドイツ大使館

♢   前の記事→

 

 

大使館スタッフ

ドイツ大使館 広報部の職員による投稿です。

こちらもよろしく!
Twitter: @GermanyinJapan
Facebook: @GermanyInJapan
Website: ドイツ大使館

大使館スタッフ