ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

トリプレ請負人

(「n.V.」は延長戦、「i.E.」はPK戦)
©German Embassy Tokyo

(「n.V.」は延長戦、「i.E.」はPK戦) ©German Embassy Tokyo

トリプレ請負人

ボクがこのYoung Germanyでブンデスリーガを追いかけ始めたのが2012年の夏。(⇒ いよいよ開幕!
そのシーズンではバイエルンが前シーズン屈辱の無冠を返上して余りあるブンデスリーガ史上初のトリプレを達成!
トリプレとはリーグ戦、カップ戦、そしてチャンピオンズリーグで優勝すること⚽️⚽️⚽️
そしてその後ずっとバイエルンがブンデスリーガで優勝を続けているんだ♪
バイエルンはトリプレ達成で勇退したハインケス監督の後、グアルディオラ監督、アンチェロッティ監督と才能溢れる監督が指揮を執るもトリプレはなかなか達成できず、サッカーの奥深さを実感させられる・・・
今季はまさかの序盤での躓きでアンチェロッティ監督が解任され、ハインケス監督が再び指揮。
リーグ戦ではバイエルンに再び活気が戻ってくる!
そして先週はトリプレの一角、カップ戦のDFBポカール2回戦が行われたんだ。
1回戦はブンデスリーガ上位同士の対戦は無いように組まれるんだけど、2回戦からは上位同士の対戦も。
そして2回戦でこともあろうか1部の上位同士の対決が組まれる!
昨季リーグ1位と2位、今季もここまでリーグ2位と3位のバイエルン対ライプツィヒ。

大注目の一戦は予想通り接戦に。
ノイアー選手に続いてミュラー選手もケガで欠きチーム状況は危機的だけど、そこはタレント豊富なバイエルン、ハインケス監督指揮の下、強敵ライプツィヒのホームに乗り込む!
この試合、前半は両者無得点で後半へ。
するとライプツィヒのケイタ選手が2枚目のイエローカードで退場。
バイエルンが数的有利に立つも先制したのはライプツィヒ。
ペナルティエリア内で倒されPKをゲットし先制。
しかしバイエルンはすぐにティアゴ選手が同点ヘッドを決めて追いつく。
試合は90分では決着がつかず延長戦へ。
それでも両者がっぷり四つで遂にPK戦へ。
バイエルンの先行で始まったPK戦は両チームとも4人目までゴールを決めてバイエルン5人目はロッベン選手。
左足から放たれたボールはゴール左隅へ、外側から軽いカーブがかかった分ライプツィヒのGKペーテル選手が届かず成功!
ライプツィヒの5人目は、代表選で一躍頭角を現したヴェルナー選手。
対するバイエルンのGKウルライヒ選手はここまでことごとく読みが外れ、軌道を見越して左に飛べば、ボールはほぼ正面に飛んできてライプツィヒにゴールを許す・・・
しかしウルライヒ選手、今回はヴェルナー選手の軌道を見事に阻止しバイエルンが接戦を制し3回戦へコマを進める!
ノックアウト方式のカップ戦を勝ち、2度目のトリプレへハインケス監督の指揮に狂い無し!


原口選手のヘルタは大迫選手のケルンと対戦し、1対3でケルンが勝利!
ケルンはリーグ戦、EL含めて久しぶりの勝利!
原口選手は出番無し。
大迫選手は後半77分から出場。


内田選手のウニオン・ベルリンはレバークーゼンと対戦し4対1で敗戦。
内田選手はベンチ外。


宇佐美選手のデュッセルドルフはメンヒェングラードバッハと対戦。
0対1で敗戦。
宇佐美選手は後半68分から出場。


香川選手のドルトムントは3部マグデブルク相手に0対5と圧勝。
香川選手は先発フル出場し、4点目をアシストし試合終了間際の90分には5点目となるゴールを決める!


武藤選手のマインツは2部のキール相手に苦戦、延長戦の末3対2で勝利。
武藤選手は後半65分から出場。


長谷部選手と鎌田選手のフランクフルトは4部シュヴァインフルトと対戦し0対4で圧勝。
長谷部選手はベンチ外。
鎌田選手は出番無し。


浅野選手のシュトゥットガルトは2部のカイザースラウテルンと対戦し1対3で勝利。
淺野選手は先発フル出場。


©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



ブンデスリーガは第10節。
武藤選手のマインツは長谷部選手と鎌田選手のフランクフルトと対戦。
オウンゴールで先制を許したマインツは後半71分に武藤選手のアシストで同点に追いつき引き分け。
武藤選手は先発し後半87分に交代。
長谷部選手と鎌田選手はベンチ外。


原口選手のヘルタは高徳選手と伊藤選手のハンブルクと対戦し2対1で勝利。
原口選手はレッドカードで今節まで出場停止。
高徳選手はキャプテンとして先発フル出場。
伊藤選手は後半56分から出場。


大迫選手のケルンは敵地でレバークーゼンとダービー戦!
試合は前半をケルンがリードして折り返すも逆転されこれでケルンは開幕10試合白星無し・・・
大迫選手は先発して後半64分に交代。


香川選手のドルトムントは敵地でハノーファーと対戦。
ハノーファーが常に先行し2度追いつくも最後は離され今季2敗目を喫す。
香川選手は後半46分から出場。


DFBポカールで死闘を演じたバイエルンとライプツィヒは場所をアリアンツ・アレーナに移し再度対戦。
試合は13分にまたもライプツィヒがレッドカードでバイエルンが数的優位に立つ。
しかし今回はバイエルンが19分にロッベン選手のアシストでロドリゲス選手が先制ゴール!
そして38分にはレヴァンドフスキ選手が追加点を奪いバイエルンが勝利!
ライバルのドルトムントが負けた為に第10節にして今季初めて首位に立つ!
強いバイエルンが戻ってきたー!


浅野選手のシュトゥットガルトはホームでフライブルクと対戦。
数的優位の中3対0で快勝!
浅野選手は先発フル出場。


ブンデスリーガ チームと都市(2017-18シーズン)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)

©German Embassy Tokyo(地図をクリックして詳細を表示)



情報源:
ブンデスリーガ公式日本語ウェブサイト bundesliga.com/jp
kicker.de kicker.de

(30. Oktober 2017)






「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog