ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

DSH

S_6377389745884

DSH

こんにちは!ハイデルベルクに留学中の三竿佑莉です!

今日は、この一年間細々と準備を続けてきたDSHの合否発表の日でした。

 

しつこいようですが、もう一度。DSHとは、「ドイツで勉強したい外国人の語学力証明テスト」といったところです。多くの大学で、それぞれのDSHがあり、形式は基本一緒ですが、レベル、出題傾向などは大学ごとで少し異なるようです。

 

私はパーダ―ボルンにいたときに、DSHの存在を初めて知りました。

「ドイツの大学院で勉強するため」というより、ただ単に毎日みっちりある語学講座を受講したくて、準備コースに参加していました。パーダ―ボルンでは、引っ越しの関係でDSH本試験まで受けられなかったのですが、ハイデルベルクにも準備コースがあることを知り、受講を決断。授業のかたわら、DSHの準備(とも呼べないくらいの準備)をしてきました。

いわば、私の留学についてまわった(自分で選んだんですがね。笑)DSHの集大成。

結果は…、合格!!!

ただ、こうなると欲がでるものです。

自分が欲しかったスコアにはあと一歩で届かせることができませんでした。

片手間に準備していて、思い入れもなかったつもりですが、すっごく悔しい。もう本当にすっごく悔しいです!!!!あの時もっと準備しておけば、といった後悔というより、ただ単に自分の実力が足りないのだ、と実感しています。

日本にいる友達は就活の準備を始めたり、ドイツに留学中の仲間とも進路が大きな話題をしめるこの頃。その中で「進学」か「就職」かという岐路に立たされています。どちらも準備が必要で、どちらも大変で、またどちらもよさがある。

その中で、DSHというものの存在が、気づけば当初考えていなかったほど大事な要素になっていました。ドイツで進学したいと思ったら、ないよりあるほうがいいですからね。

だからこその悔しさと、また結果に自分の覚悟の足りなさも現れたなあと、二重で落ち込んでおります。笑

 

とりあえず、結果は結果。ほかにもDaFなどほかの語学能力試験もあります。今回の悔しい結果を踏まえて、次なる目標に向けて努力したいと思います:)

S_6377389745884

虹がかかりました…。はげましてくれてありがとう!

 

上智大学外国語学部ドイツ語学科

三竿佑莉

 

12.07.2017

 

上智大学ドイツ語学科学生チーム

上智大学外国語学部ドイツ語学科在籍中の大学3年生(2017年4月現在)。  三竿 佑莉 (2016年秋学期Paderborn留学。2017年春学期はHeidelberg 留学中)、 山田大幹 (2016年秋学期Essen-Duisburg留学。2017年春学期はKöln 留学中)、 石川輝  (2016年秋学期Saarland留学。2017年春学期はBonn 留学中)、 T.Y (2016年秋学期から2017年春学期までBayreuth留学中)

上智大学ドイツ語学科学生チーム