YOUNG GERMANY ドイツ発 ライフスタイル・ガイド

充実!ドイツのランチ

ドイツの朝食
©GK-Osaka

ドイツの朝食 ©GK-Osaka

充実!ドイツのランチ

ドイツ総領事館に居候しているリョウちゃんからメールが届いたよ♪
リョウちゃん、本場でドイツ料理に舌鼓!




ドイツ料理っていうと、「ソーセージとじゃがいも!」っていうのが定番だけど、実はもっと色々あるんだよ。
そして意外と知られていないのが、ドイツの3度の食事の内容。
朝はパン、チーズ、ハムとソーセージ、ゆで卵、ジャム類で、ミューズリーやヨーグルトなんかも。
昼は一日で一番豪華で温かい料理。
夜はKaltes Essen(冷たい食事)と言って火を使わない料理が主流で、朝食とよく似た内容に加え、たまにスープなどが出る。

ドイツではお昼がメインで、お昼に日本の晩御飯にあたるようなごちそうが出るんだ。
メインには、Roulade(野菜やお肉をお肉で巻いたもの)、Auflauf(グラタン)、Schnitzel(薄いカツ)、Hühnerbrust Braten(鳥の胸肉を焼いたもの)などがあり、それぞれにさやインゲン、赤カブ、人参など、野菜を調理したものがつく。
付け合せのじゃがいもは、焼いたり、ゆでたり、マッシュしたりと大活躍!
ドイツ人に「ドイツ人が一番好きな野菜はじゃがいもだね!」っていうと、「じゃがいもは野菜じゃないよ、穀物だよ!」だって!

出ました!ジャーマンポテト ©GK-Osaka

出ました!ジャーマンポテト
©GK-Osaka



ある週の献立-ランチ
・チキンのソテー
・魚のトマトグラタン
・マウルタッシェン(ドイツ版ラビオリ)のクリームグラタン
・シュニッツェル(豚肉を薄くのばして、パン粉をつけてあげたもの)
・ルラーデ(お肉巻き:この日は、ミンチ肉・たまねぎ・ピクルスを混ぜたものを牛肉で巻きいたもの)の赤ワインソース
・シュパーゲルのオランディーヌソース


そして、実は4度目の食事といって、コーヒーの時間がお昼と晩御飯の間にあるんだニャン。
この時間には、コーヒーとケーキなんかを食べて、グーグー鳴り始めたお腹をなだめるンだ。

そして5月はSpargel(ホワイトアスパラガス)のシーズン!
ドイツでアスパラガスといえばホワイトアスパラが主流で、日本人がよく食べるグリーンのもちゃんとあるけど、ホワイトアスパラが断然人気。
Spargelの為にわざわざ郊外に行き、農家や道路わきの出店で買うのがドイツの風物詩。
日本人が春に筍を食べるように、ドイツ人はSpargelを食べるんだニャん。
茹でてオランディーヌソースをかけたり、スープに入れたりとSpargelは大活躍。
Spargelのシーズンは5月から6月の初旬までなので、この時期ドイツに行く人は「シュパーゲル、ビッテ!」とレストランで是非注文してね。
シュパーゲルのクリームスープ ©GK-Osaka

シュパーゲルのクリームスープ
©GK-Osaka


(26. Mai 2017)






©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



『わたしのドイツ 2017』作品募集中! ⇒ http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/02-botschaft/aktivitaeten/malwettbewerb-2017.html

「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog