YOUNG GERMANY ドイツ発 ライフスタイル・ガイド

東京風・鴨肉ソーセージvs燻製鮭ソーセージ? ベルリンで最高の焼きソーセージを探せ!

image

東京風・鴨肉ソーセージvs燻製鮭ソーセージ? ベルリンで最高の焼きソーセージを探せ!

「ドイツに来たら、食べたいモノは?」
「ソーセージ!」が断トツ一位の答えじゃないでしょうか?
なかでもやっぱり炭火で焼くブラートヴルストが最高です!

wurst_detail_websize

ベルリンで一番美味しい焼きソーセージはどこにあるのか?!
その答えを探すべく、先週末、4月9日にベルリン・焼きソーセージ選手権(Bratwurstmeisterschaft)に足を運んできました。(Claraさん、情報提供ありがとう!

wurstmeisterschaft_pub4_websize
第15回目の開催となる今年。ベルリン精肉業者組合の指揮のもとに、ベルリンとブランデンブルク州のお肉屋さん7店舗がトップの座を競います。
それぞれ伝統部門と創作部門の2種類を作り、来場者の投票で順位が決定。
朝ごはん抜き、全種類食べる気満々で会場の「ドメーネ・ダーレム(Domäne Dahlem)」へ。最寄のダーレム・ドルフ駅を出た瞬間から香ばしい炭火の香りが。う〜ん、お腹が減る匂い。

wurstmeisterschaft_genz_websize

まず目についたのは「Fleischerei Bünger」です!
ここは、シャルロッテンブルクにある大人気のお肉屋さん。
粗挽きフランケン風ソーセージで、毎年のように伝統部門のトップ争いをしているというこの店ですが、今年度の自信作は、創作部門の「鴨肉ソーセージ・東京スタイル」。
気合を入れるため、スタッフ全員、和風ファッションに。

wurstmeisterschaft_buenger_websize

オーナーのイェンス=ウヴェ・ビュンガーさん(左)はスマートなスポーツマン。実はマラソンランナーでもあります。
「今年の2月、念願の東京マラソンに参加してきたんだけど、その時に食べたラーメンが美味しくって!あの複雑な旨味をソーセージで再現してみたいと思ったんだ」。
鴨肉にゴマ油やゆず、生姜なども加えた細めのソーセージは、肉味噌のようなこってり味。わさびマヨネーズでさっぱり頂きます。

wurstmeisterschaft_bachhuber_websize
時々水をかけながらもうもうと煙を立て、香ばしい焦げ目をつけていたのが「Fleischerei Bachhuber」。
ここの創作部門はなんと「フルッティ ・ ディ ・ マーレ」海鮮ソーセージ!
「創作部門では話題を呼ぶのが重要だから、シーフードで(笑)スタッフみんなが美味しい!って太鼓判を押したのがスモークサーモンを混ぜ込んだコレ。自信作だよ!」とスタッフ。
エビや貝も入って歯ごたえが面白く、スパイシーで美味しい!魚っぽさはないですが、きゅっとレモンを絞りたい味。試食も瞬く間になくなりました。

wurstmeisterschaft_wurstd_websize

Fleischerei Genz」は、上記ビュンガーと並ぶ、ベルリン精肉店の2大巨頭(らしい)。ここの名物は北アフリカ原産のピリ辛ソーセージ、メルゲッツ。パンチの利いたこのソーセージに対し、創作部門にはタマリロを練りこんだ、ほんのり独特の酸味と香りが残る繊細なソーセージを提案。

ほかにも色々あって、ひたすら食べ比べ。

wurstmeisterschaft_pubta_websize

wurstmeisterschaft_pub5_websize

ああ食べ切れない〜!

11時〜13時〜15時〜に、各30分の無料試食タイムが設けられているので、最初はここで試食して、お気に入りを買うのがオススメです。

wurstmeisterschaft_test_websize

今年は天気に恵まれたこともあって、なんと1万人もの来場者があったそう!家族連れ、若いカップルも多かったです。

wurstmeisterschaft_pub6_websize wurstmeisterschaft_pub2_websize wurstmeisterschaft_pub3_websize

そしてその1万人が選ぶ、栄えある1位は!
伝統部門「Fleischerei Bünger」のFränkische Bratwurst
創作部門「Fleischerei Genz」のTamarillo Bratwurst

wurstmeisterschaft_gewinner_websize
(次いで、伝統部門2位「Fleischerei Genz」のMerguez 3位「Fleischerei Bachhuber」のBachhubers Originale Rostbratwurst 創作部門2位「Fleischerei Bachhuber」のFrutti di Mare
3位「Fleischerei Bünger」のEntenbratwurst Tokyostyle)

今回出店された創作ソーセージは、店頭で来週末から購入可能になるそうです。
今週はまだ少し寒いようですが、来週くらいからグリル日和となりそう。いまからグリルシーズンの到来が楽しみです!

grill_wurst_websize

来年の開催日時は未定ですが、イースター前の日曜日になるかと思われます。
詳細はベルリン精肉業者組合のサイトにて!




Kawachi河内秀子(かわちひでこ)
東京都出身。2000年からベルリン在住。
ベルリン美術大学在学中からライターとして活動。雑誌『Pen』ウェブマガジン『think the earth』など。趣味は漫画とおいしいご飯。Twitter(@berlinbau)で『一日一独』ドイツの風景を、instagram(@yg_hidekawcで東ドイツデザイン、ごはんやカフェなどをアップしています。

 

河内 秀子

東京都出身。2000年からベルリン在住。ベルリン美術大学在学中からライターとして活動。雑誌『Pen』や『giorni』などでもベルリンやドイツの情報を発信させて頂いています。ガイドブック『ことりっぷフランクフルト・ベルリン』編など。趣味は漫画とカフェ巡り、食べ歩き。蚤の市やオーガニックコスメも大好物。Twitterで『一日一独』ドイツの風景を1日1枚、アップしています。

河内 秀子