YOUNG GERMANY ドイツ発 ライフスタイル・ガイド

マネしたい!ライプツィヒの花屋さんで見つけたクリスマスデコレーション

adventsausstellun-g06

マネしたい!ライプツィヒの花屋さんで見つけたクリスマスデコレーション

どうも、wasabi( wasabi_nomadik)です。

私の住んでいるライプツィヒでは11月22日からクリスマスマーケットが始まることもあり、だんだんと街がクリスマスの装いになってきました。

 

クリスマスのデコレーションって、色鮮やかで見ているだけで心がほかほかになりますよね。

ドイツのクリスマスデコレーションも本当にかわいらしくて華やかで、それを見かけるたび寒くて縮こまっていてもぱっと暖かさが生まれて心が明るくなる気がするんです。

 

というわけで私も自宅に素敵なデコレーションが欲しいと思い、週末にライプツィヒの小さな花屋さんが開催する「Adventsausstellung」というクリスマスデコレーションの展示販売パーティーに行くことに。

 

そこで見かけたドイツ流クリスマスデコレーションがとても素敵だったので写真つきでシェアしたいと思います。これからクリスマスの飾り付けをどうしようか考えている方やクリスマスプレゼントを自作しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください!

 

全部手作り!気持ちのこもったクリスマスデコレーション

キャンドルや冬の植物を使ったデコレーション

キャンドルや冬の植物を使ったデコレーション



 

私が今回訪れたのはライプツィヒの街角にある小さな花屋さん「Fiorella Floristik」です。このお店はSabineさんとDoreenさんの女性二人で経営しています。店内に入ると目に飛び込んできたのは美しいクリスマスデコレーション。見ているだけで心が満たされるような素敵な作品が店内に所狭しと並んでいました。

このデコレーションはすべてお店のスタッフによる手作り。もちろん、花屋さんらしく冬の植物やクリスマスにちなんだ植物をふんだんに使ったデコレーションもありました。

 

店内の様子

店内の様子



 

お客さんも色とりどりの素敵なデコレーションに大興奮!販売は始まったばかりなのに、小さな店内はすぐに人でパンパンに。ギフト用に購入している人が目立ちました。

 

マグカップにジャムとシナモンを添えたプチギフト

ジャム付きデコレーション

ジャム付きデコレーション



 

マグカップにジャムやシナモン、ドライレモンや植物などを添えたクリスマスデコレーションです。これはマネしやすいし、ギフトにも良さそうですね。もらった方もクリスマスまでは装飾として使え、クリスマスが過ぎればジャムを食べることもできてなんとも実用的です。DIYで作る過程も楽しそう!

 

こっちはブルーベリージャム

こっちはブルーベリージャム



 

それにしても、クリスマスデコレーションにジャムを使うっていう発想はなかったなぁ...。

マグカップにちなんでホットチョコレートの素やはちみつなど飲み物に使える食品で代用しても良いかもしれません。

 

クリスマスデコレーションに「球根」はいかが?

花が咲けば春の訪れを告げる球根

花が咲けば春の訪れを告げる球根



 

ドイツではクリスマスやイースターの飾り付けに、春の訪れや生命の誕生を意味する球根をよく使うそうです。1~2週間程度で球根から花が咲くそうなので、毎日成長を楽しみにしながらクリスマスを待つのにぴったりなデコレーションです。

 

とにかくキャンドル!!!

素敵なキャンドルたち

素敵なキャンドルたち



 

ドイツのクリスマスデコレーションで欠かせないものといえばキャンドルです。

日本でもキャンドルのついたクリスマスデコレーションはいろいろな種類が売られていますが、ドイツのキャンドルデコレーションもさまざまなアイデアを凝らした色とりどりの種類が存在しています。リースの上にキャンドルを立てたもの、フルーツバスケットに果物や植物と一緒にキャンドルを刺したものなど見たことのないデコレーションがたくさんあり、どれも本当にかわいらしいです。

 

キャンドルは色も形もさまざま

キャンドルは色も形もさまざま



クリスマスらしい赤いキャンドル

クリスマスらしい赤いキャンドル



 

ところで皆さんはクリスマスカラーといえば赤と緑のどちらが好きですか?

どれを買おうか決めるのにとても迷いましたが、個人的には緑が好きなのでこちらの緑のキャンドルを買いました。

 

筆者Instargarm(@wasabi_nomadik)より

筆者Instargarm(@wasabi_nomadik)より



この飾りのおかげで家の中がちょっとだけ楽しくなりました。毎日寝る前に火を灯してリラックスするために使おうと思います。

 

屋外ではドイツのホットワイン、「グリューワイン」が飲めました

屋外ではドイツのホットワイン、「グリューワイン」が飲めました



 

かわいらしいデコレーションやクリスマスを楽しみに待ちわびる人々のポジティブなエネルギーをもらったうえに、お気に入りのデコレーションを見つけることができて大満足でした。

 

実はここ最近ライプツィヒでは雨続きで気温も低く、気分が落ち込む日が多かったんですが美しいものにたくさん触れてしっかりエネルギー補給できました。クリスマスデコレーションって、ただかわいいだけじゃなくて心をあたたかくさせる、なにか不思議な力があると思います。

 

だからこそ、デコレーションって人にプレゼントするのにとっておきですね。私も今回の展示会で見たアイデアをマネして自分でクリスマスギフトを作ってみようと思います。

 

花屋さんの外

気持ちが高揚するデコレーション



 

いかがでしたか?皆さんもぜひドイツ流のクリスマスデコレーションを参考にしてみてください!




【 wasabi のプロフィール】
wasabi ドイツ・ライプツィヒを拠点に活動中のフリーランスのライター・翻訳家。ブログ「WSBI」ではフリーランス関連情報、ノマドなライフスタイルを発信中!

wasabi

1991年7月1日生まれ東京出身。(本名:藤沢祐子)2014年獨協大学卒業後、新卒でフリーランスの日英翻訳家/ライターとして2015年春にベルリンに拠点を移して活動。現在は翻訳家・ライターとして各種メディアやブログを中心にドイツ移住情報やテクノロジーを使って楽しく生きる自身のノマドなライフスタイルやオピニオンを発信中。2016年2月にはTEDx Youth@Kobeへの登壇も果たし、自身のメッセージを国内外共に精力的に伝えている。

Blog : http://wsbi.net/

wasabi