ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

サッカーの夏!

©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo

サッカーの夏!

男女共に大健闘したサッカーをはじめ多くの競技でドイツ選手が活躍したリオ五輪!
大いに盛り上がっている中、ドイツではブンデスリーガ2部が8月5日に既に開幕。
そして先週14日にはブンデスリーガ最初の公式戦、スーパーカップが行われたんだ。
スーパーカップは前年度のブンデスリーガチャンピオンとDFBポカールチャンピオンが対決。
でも昨シーズンはバイエルンがブンデスリーガとDFBポカールの二冠を制したから、ブンデスリーガ2位のドルトムントが出場。
昨シーズン、ブンデスリーガ初の4連覇を果たしたバイエルンは、面白いことに連覇中に出場した過去3回は全て負け。
だからボクには「負けて験担ぎ」の様な感じ=^_^;=

ジグナル・イドゥナ・パルクで行われた試合は前半無得点で迎えた後半、ビダル選手が58分に、ミュラー選手が79分にゴールを決めてバイエルンが2対0で勝利し、ドルトムントに並ぶスーパーカップ通算5回目の優勝!

この試合バイエルンは、ドルトムントから「禁断の移籍」を果たしたフンメルス選手が先発フル出場。
EMで大活躍のボアテング選手やロッベン選手がケガの為ベンチ入りできなかったけどバイエルンは安定した試合運び。
今季から指揮を執るアンチェロッティ監督のこれからに注目!

一方フンメルス選手やミキタリアン選手、ギュンドアン選手など主力選手の流出が目立ったドルトムントは、かつて「禁断の移籍」を経験したゲッツェ選手がカムバック!
この試合はベンチから試合を見つめたけど、早くピッチでの勇姿が見たい!
そしてゲッツェ選手のW杯決勝ゴールをアシストしたシュールレ選手もヴォルフスブルクから移籍。
この試合ケガで出場できなかったロイス選手も戻れば、オーバメヤン選手、そしてこの試合フル出場した香川選手とかなりの攻撃力に。
やはりバイエルンの連覇を阻止できるのはドルトムントか!?




日本は春、4月から新学期が始まるけど、ドイツでは8月の終わりくらいから新学期が始まる。
「球春」に肖り「蹴夏」というのかどうか・・・
いずれにせよサッカーブンデスリーガは今週金曜日に開幕である⚽

そしてリーグ戦に先立ち19日に開幕したのがDFBポカール。
所謂カップ戦。
日本でいうところの「天皇杯」の様な大会で、トップリーグのブンデスリーガ1部からアマチュアリーグの6部まで全64チームが出場。
①ブンデスリーガ1部(プロ)・・・前季全18クラブ
②ブンデスリーガ2部(プロ)・・・前季全18クラブ
③ブンデスリーガ3部(プロ)・・・前季上位4クラブ
④レギオナルリーガ(アマ)+ ⑤オーバーリーガ(アマ)+ ⑥フェアバンズリーガ(アマ)・・・計24クラブ
※アマチュアのリーグからの出場クラブは、それぞれの地域リーグの前季優勝クラブが出場し、地域によっては準優勝クラブも出場。
(図表のチームエンブレムの下の数字は所属リーグの部数を表したもの)

一発勝負だけに番狂わせも!
対戦表で左側のホームチームが基本的には下位のリーグ。
ただ、1回戦32試合ということは、どううまく配置しても少なくとも「プロ」同士の対戦が8試合有るわけで、結果はご覧の通り。

今季1部昇格をはたしたRBライプツィヒはディナモ・ドレスデンにPK戦(i.E.)の末敗れ、古豪ブレーメンは3部のシュポルトフロインデ・ロッテに敗れる波乱!

©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



日本人選手の活躍は・・・

後半56分から出場した長谷部選手のフランクフルトは、PK戦で長谷部選手が外してしまうも、辛くも3部マグデブルクに勝利。

2部ザンクト・パウリの宮市選手は後半72分から出場。
チームは3対0で4部VfBリューベックに勝利。

ブンデスリーガに戻ったアウグスブルクの宇佐美選手の出番は無かったけど、チームは5部FVラヴェンスブルクに2対0で勝利。

内田選手のシャルケは4対1で6部FC08ヴィリンゲンに勝利。
ケガの影響でなかなか試合復帰のメドが立たない内田選手はベンチ外。

大迫選手のケルンは7対0で6部BFCプロイセンに大勝。
大迫選手は後半63分から出場すると79分、88分と2ゴールを決める活躍!
大迫選手⚽⚽

山田選手の2部カールスルーエSCは同じく2部の1860ミュンヘンと対戦。
試合は2対1でミュンヘンが勝利。
山田選手は出番無し。

今季からブンデスリーガ2部シュトゥットガルトに移籍、ドイツに帰ってきた細貝選手はリーグ戦で左太ももの肉離れで、4部ホンブルク戦はベンチ外。
試合は3対0でシュトゥットガルトが勝利。

武藤選手のマインツはPK戦の末4部SpVggウンターハヒングに辛勝。
武藤選手はベンチ外。

ヘルタは3部のヤーン・レーゲンスブルクと対戦。
こちらもPK戦の末の勝利。
原口選手は先発して後半65分に交代。

高徳選手(ハノーファの酒井宏樹選手が離独したけどこれからも高徳選手♪)のハンブルクは3部FSVツヴィッカウと対戦。
1対0で勝利。
高徳選手は先発フル出場。

香川選手のドルトムントは4部のアイントラハト・トリーアと対戦。
試合は開始8分に香川選手が先制ゴール!
33分にもこの試合2点目のゴールを決めてチームを勢いに乗せる。
そしてヴォルフスブルクから移籍のシュールレ選手もゴールを決めて、3対0でドルトムントが勝利。
香川選手は先発フル出場で「Man of the Mach」に選出!
注目のゲッツェ選手はベンチ入りせず。
香川選手⚽⚽

リーグ連覇と共にDFBポカールも連覇を狙うバイエルンは4部カールツァイス・イェナと対戦。
試合は前半にレヴァンドフスキ選手がハットトリックを決め、後半にはスーパーカップで先制点をあげたビダル選手、そしてドルトムントから移籍のフンメルス選手がゴールを決めて、5対0で圧勝。

うん、揺るぎない強さを感じる!
スーパーカップに優勝して、これまで負けて験担ぎしてたバイエルンとはひと味違う感じ。

前人未到のリーグ5連覇かけた戦いが間も無く始まる。
8月26日(金)の開幕戦、「バイエルン対ブレーメン」が楽しみだニャ=^_^=

(23. August 2016)






©German Embassy Tokyo

©German Embassy Tokyo



『わたしのドイツ』2016 作品募集中! ⇒ http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/02-botschaft/aktivitaeten/malwettbewerb-2016.html

「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog