ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

茗荷谷の鯉

ⒸGerman Embassy Tokyo

ⒸGerman Embassy Tokyo

茗荷谷の鯉

お正月に紹介したハイデルベルクの「橋猿」。(→「橋猿」)
この作者ゲルノート・ルンプフ(Gernot Rumpf)さんの事を調べてたら、ニャんと東京にルンプフさんの作品があるとの情報をゲット!
調べてみるとそれは文京区の窪町東公園にあるみたい・・・

ということで作品を見に行ってきたニャ=^_^=

地下鉄丸ノ内線の茗荷谷駅を降りてすぐ、筑波大学東京キャンパス正門前の窪町東公園の一角にそれはあり、作品は文京区とドイツのカイザースラウテルン市の姉妹都市提携のシンボルとして設置。
タイトルは『神話空間への招待』。
そしてこの広場は「カイザースラウテルン広場」と名付けられたんだ♪


この何やら不思議なオブジェはルンプフさんと、奥さんで彫刻家のバルバラ・ルンプフさんの共同制作。

作品はなるほど、「橋猿」と同じ様にとっても独創的♪
一角獣や頭像が乗った魚、アンモナイトなどの作品は触ったり跨がったりできて楽しそう!

ⒸWikipedia

ⒸWikipedia



頭像が乗った魚は日本の鯉をイメージしたものでカイザースラウテルン市の紋章にも魚が描かれており幸運のシンボル。
そ〜言えば、昨年10月にカイザースラウテルン市長が来館した時に紹介しましたニャ=^_^=(⇒「「皇帝の名」を冠す」)
そして頭像はカイザースラウテルン市の発展に尽くしたフリードリッヒ1世でルンプフさんから文京区民への友情のメッセージなんだって♪

ⒸGerman Embassy Tokyo クリックすると拡大します

ⒸGerman Embassy Tokyo
クリックすると拡大します



この辺りは大学のキャパスを囲む様に窪町東公園、占春園、教育の森公園があってお散歩にはもってこい♪


みなさんもぜひ見に来てニャ=^_^=

(09. Januar 2016)






「ドイツ大使館ネコのきまぐれブログ・アーカイブ」 ⇒ http://nekoblog-yg-japan-archive.blogspot.jp

@neko_blog

miau... ボクはドイツ大使館にこっそりと住み着いたネコ。名前はまだニャい・・・大使館では毎日いろいろなことがあるみたい。ボクが見た大使館の様子をこっそり教えてあげるね!=^_^=

Twitter : https://twitter.com/neko_blog

@neko_blog