YOUNG GERMANY ドイツ発 ライフスタイル・ガイド

あなたは食べきれる?ドイツに来たら絶対食べておきたい『ドイツ料理』

wirtshaus_01

あなたは食べきれる?ドイツに来たら絶対食べておきたい『ドイツ料理』

どうも、ワーホリ生活とドイツ料理を満喫中のwasabi( wasabi_nomadik)です。

先週は日本から友達が来ていたのでベルリン観光案内をしていました。

ベルリンでワーホリ滞在5ヶ月目を迎えた私ですが、この街に慣れてきたところで改めて友達と一緒に観光をしてみると、まだまだ見た事がない場所や知らなかったこの街の歴史を知る事ができて自分にとってもなかなか有意義な時間となりました。ベルリンには他のドイツの街と比べて綺麗なお城やきらびやかな観光地は少ないけれど、この街が持つ歴史は本当に興味深く、まだまだ知らない事がたくさんあります。

そんな訳で友人にはせっかくドイツに来たのだからドイツらしい事を経験して欲しいと思い、連れて行ったのが、伝統的なドイツ料理が食べられるお店、「WIRTSHAUS-HASENHEIDE」です。ベルリンにはたくさんのドイツ料理レストランがありますが、ここはU7, U8, M29, M41 Hermannplatz駅から徒歩3分程度のアクセスのしやすい場所にある上、味もおいしいのでおすすめです。店内も、期待を裏切らない"伝統的なドイツらしい" 内装が素敵。

 

wirtshaus_02

Schnitzel (シュニッツェル)は豚肉を平たく伸ばしてパン粉で揚げた「カツ」に似ている。


友達が注文したのは、「Schweineschnitzel "Jäger Art"(豚肉のカツ)」。見てください、この大きさ!食事がテーブルに運ばれて来た瞬間思わず二人で「わぁお〜!」と感嘆してしまいましたが、ウェイトレスの人はその様子をみて大変嬉しそうでした。(笑)この大きなプレートに顔くらいある大きさのカツと、フライドポテト、きのこのクリームソースにザウアークラウト(キャベツの漬け物)がこれでもかと言わんばかりに盛られています。味付けはけっこう濃い目なので、ビールがやっぱり相性抜群です。こういう食事はまさにドイツにいるなぁと、実感する瞬間ですね。メニューはドイツ語で書かれているので、もし分からなかったら店員さんに相談してみるといいと思います。

 

title_wirtshaus

ベジタリアンでも食べられるドイツ料理、「Knödel」


私が注文したのはKnödel(クヌーデル)ときのこのクリームソース。メニューからではなく、「Knödelが食べたい!」と伝えたらおすすめを持って来てくれました。Knödelとはドイツの伝統的な家庭料理で、じゃがいもを裏ごししたものに小麦粉や卵、スパイスなどを入れて丸めたお団子です。それぞれのお店や家庭によって小麦粉の配分や、入れるものもパン粉を使ってみたりと色々なバリエーションがあるそうです。私のプレート上の左側にあるパンのようなものがそれです。一般的にはお団子のように丸いのですが、このお店は小麦粉とパン粉の分量が多いKnödelなんだとか。たしかにちょっと、フレンチトーストのような食感がしました。ドイツ料理と聞くと「肉料理」なイメージがありますが、このお店にはベジタリアン用のメニューも用意されています。(Knödelは卵と乳製品使用)

 

いつもは食べきれないのですが、この時はお腹がすいていたので初めて全部食べきれました!しかし、友人は半分以上残していたのでやっぱり、大きすぎたか・・・!でも、ご安心を。頼めばちゃんとパックに入れてくれるのでお持ち帰り可能です。"Ich möchte es mitnehmen."(持ち帰りたいです。)と伝えてみてください。

 

是非ドイツに来た際は「ドイツ料理」にチャレンジしてみてください!全部食べきれたらあなたもドイツ人の仲間入り?でも、無理は禁物です・・・。



【About “wasabi”】

wasabi_profile

2014年獨協大学を卒業後フリーランスのライター・翻訳家としてドイツ・ベルリンを拠点に活動中。ブログ「WSBI」ではより詳しいワーホリ関連情報とフリーランス関連情報を発信中!

ドイツで見つけた日本文化を紹介するTadaimaJapanでの連載、「ドイツで日本発見!」もお見逃しなく!

wasabi

1991年7月1日生まれ東京出身。(本名:藤沢祐子)2014年獨協大学卒業後、新卒でフリーランスの日英翻訳家/ライターとして2015年春にベルリンに拠点を移して活動。現在は翻訳家・ライターとして各種メディアやブログを中心にドイツ移住情報やテクノロジーを使って楽しく生きる自身のノマドなライフスタイルやオピニオンを発信中。2016年2月にはTEDx Youth@Kobeへの登壇も果たし、自身のメッセージを国内外共に精力的に伝えている。

Blog : http://wsbi.net/

wasabi