ドイツ情報満載 - YOUNG GERMANY by ドイツ大使館

EUフィルムデーズ

test1

EUフィルムデーズ

「EUフィルムデーズ」は、欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関が提供する各国の作品を一堂に上映する、ユニークな映画祭で、今年で12回目を迎えます。上映される作品 は、ヨーロッパの映画製作者の幅広い才能を披露するとともに、EUが重視する文化的多様性をさまざまな表現で映し出しているものばかりです。この映画祭は、日本とEUの 市民交流の促進を目的とした 「日・EUフレンドシップウィーク」の一環として、駐日EU代表部と在日EU加盟国大使館・文化機関、東京国立近代美術館フィルムセンターの共催で開催さ れます。

5月30日(金)から6月22日まで(月曜休映)、東京国立近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)を会場に、EU加盟27カ 国中23カ国の選りすぐりの作品を紹介します。上映は1作品につき2回以上、各日2~3回行われ、また、5カ国の作品が、金沢、高松、岡山、福岡の各地 にも巡回します(6月)。

ドイツからはオスカー・レーラー監督の『生きる源』が上映されます。

『生きる源』

原題: Quellen des Lebens (Sources of Life)
監督: オスカー・レーラー
製作年: 2013年
上映時間: 178分
言語: ドイツ語(日本語字幕)
上映: 2014年6月1日 (日) 12:00,  6月4日 (水) 15:00  (いずれも東京)
詳しくはEUフィルムデーズ公式ウェブサイトをご覧下さい。
http://www.eufilmdays.jp/

staff

アバター